logo

政府のモバイルソリューション、ネットワークの相互接続性が最大の圧力要因

米国調査会社のVDC社は調査レポート「企業向けモバイルソリューション:垂直市場分析(第3版) :Vol.3 政府 」において、政府機関へのモバイルソリューション出荷総額が2006年の40億ドルから2010年には60億に達するという予測を発表した。

今回調査対象とした、公安/ファーストレスポンダー(警察、消防)、軍、連邦政府、州/地方プログラムなどの政府機関の8割が、2006-2007年のIT投資の上位10項目にモバイルが含まれていると回答した。米国調査会社のVDC社の調査レポート「企業向けモバイルソリューション:垂直市場分析(第3版):Vol.3 政府 - ENTERPRISE MOBILITY SOLUTIONS - VOLUME 03: GOVERNMENT VERTICAL MARKET ANALYSES, THIRD EDITION」は、政府機関へのモバイルソリューション出荷総額は、2006年の40億ドルから2010年には60億に達すると予測している。年平均成長率(CAGR) 11.7%で、すべてのエンドユーズ市場の中で最高であった。

調査の回答者によると、ネットワークの相互運用性はモビリティへの投資を推進させる重要な要因の1つである。政府と公安は、モバイルソリューションの最も高度なユーザだが、大部分は省庁間の相互運用性を欠く従来型のシステムである。9/11テロとハリケーンカトリーナによって、通信の相互運用性と信頼性の不足が証明された。

VDC社のモバイルとワイヤレスのディレクターDavid Krebs氏によると、「ネットワークシステムの相互運用性を達成することにおける最大の課題は、技術自体ではなく、むしろ連動する政府機関の問題である。例えば、刑事裁判のデータベース情報を共有する場合などである」と語る。大きな課題が残っている。協力関係と通信の相互運用性だけではなく、モバイルデータアプリケーションの進歩の継続の重要なメリットは明確にある。VDC社の調査による主要なアプリケーションは、下記のとおりである。

■ 付随する応答や管理をサポートするための、詳細な地図や位置情報を提供するためにGIS(地理的情報システム)とAVL(車両監視システム)を統合する
■ 医学や危険物質のデータベースへのインタフェース。法の施行、消防/救急隊(EMS;Emergency Medical Service)、搬送するファーストレスポンダーを対象として、当事者にわかりやすく詳細な化学的情報や危険物質の情報を提供する

CAD(Computer Aided Dispatch)の統合。CADシステムは広範に採用されているため、重要なのは、デジタルビデオなどの次世代インタフェースを提供することに加えて、ファーストレスポンダーの機関に、既存のCADシステムを統合することである。

[レポート目次]
リンク

[調査レポート]
企業向けモバイルソリューション:垂直市場分析(第3版) - Vol.3 政府
ENTERPRISE MOBILITY SOLUTIONS - VOLUME 03: GOVERNMENT
VERTICAL MARKET ANALYSES, THIRD EDITION
リンク

ベンチャーデベロップメント(VDC)社について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

モビリティシステムの出荷台数推移 2006年&2010年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。