お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

無線データ配信で共存し競い合うWi-Fi、WiMAX、3G

消費者向けデバイスにブロードバンドで無線データを配信できる3つの主な技術、Wi-Fi、WiMAX、3Gは、世界の市場でシェアを競い合っていて、これらの技術にはそれぞれ利点と課題があり、どれが採用されるかは世界中の地域によって異なるだろうと米国調査会社インスタット社は述べている。

消費者向けデバイスにブロードバンドで無線データを配信できる3つの主な技術、Wi-Fi、WiMAX、3Gは、世界の市場でシェアを競い合っていると、米国調査会社インスタット社は報告する。これらの技術にはそれぞれ利点と課題があり、どれが採用されるかは世界中の地域によって異なるだろうと同社は述べている。例えば、米国や欧州などの先進地域では、ホットスポットや地方自治体や大学などの広域メッシュネットワークなどによるWi-Fiが広く利用されており、一方、WiMAXが固定無線とモバイルの両方に対応できるように準備されており、3Gと競争するだろう。

「それぞれの技術には、長所と短所がある。インスタット社は、これらの技術が競争しつつ共存すると見ている」とインスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は語る。

インスタット社は、以下についても調査した。
■ 3Gは先進国では既に普及しており、発展途上国にも登場し始めている
■ WiMAXとモバイルの併用は先進国において進んでいる
■ 802.20などの技術の実現には時間がかかるだろう

インスタット社の調査レポート「無線技術市場:3G、ホットスポット、公衆無線、WiMAXなどの普及と共存 - 3G, Wi-Fi, WiMAX and Others Battle for Wireless Supremacy」は、3G 、Wi-Fi、WiMAXによる無線データ配信を調査している。これらの技術の世界のサービス市場と採用状況を調査し、ホットスポット、WiMAX加入者、WiMAXによる音声通信についての2011年までの予測を行っている。また、これらの技術の長所と弱点について比較検討している。
______

[調査レポート]
無線技術市場:3G、ホットスポット、公衆無線、WiMAXなどの普及と共存
3G, Wi-Fi, WiMAX and Others Battle for Wireless Supremacy
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。