お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アイオイクス、ソーシャルメディアの総合ニュース情報サイト「ブログヘラルド」を開設

アイオイクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:滝日 伴則)は、ブログ・SNS・CGM等、ソーシャルメディアの総合ニュース情報サイト「ブログヘラルド」を開設しました。

「ブログヘラルド」
リンク

■ブログヘラルドについて
ブログヘラルドは、2003年3月に米国で開設され、今日まで運営されているソーシャルメディアの総合ニュース情報サイト「The Blog Herald」の日本語版サイトです。ブロゴスフィア(ブログの世界)、ソーシャルメディアの話題に特化したニュース情報サイトとしては世界初のサイトであり、屈指の人気と知名度を誇るサイトです。

■ブログヘラルドの内容
ブログヘラルドでは、ブログ・SNS・ソーシャルブックマークやソーシャルニュース等、ウェブの最先端を走るソーシャルメディア関連の最新ニュースを、世界中から厳選し、日々情報発信しています。多くのニュースは大手ニュースサイト等で取り上げられない、しかしソーシャルメディアにとっては重要と思われる、他では入手できない情報です。またニュース以外にも、世界でも著名なブロガーがブログやソーシャルメディアの様々な話題についてのコラムを数多く投稿しています。内容もソーシャルメディアを軸に、下記のような様々なテーマのコラムを掲載しています:

・ビジネスブログや企業ブログ、ビデオブログの活用事例や運用方法
・BR/ブロガーリレーション、口コミ・マーケティング等、Web2.0時代のPR/広報活動
・SNSやブログでのプライバシー問題、SNSやブログが人間関係に与える心理的影響
・ブログ・ブログネットワークのビジネスモデル研究、プロフェッショナル・ブロガーの収益化

自らブログを書いているブロガーやソーシャルメディアの仕事に関わる方はもちろん、企業活動にソーシャルメディアが与える影響力が日に日に増している現在、多くのマーケッター、PR/広報担当者に参考となる情報が満載です。

■ブログヘラルドの執筆ブロガー陣
ブログヘラルドの魅力は、他では入手できない最新のソーシャルメディア関連ニュースに加え、最新の世界各国を代表する著名ブロガーによるコラムです。ブログヘラルドには現在、下記を含む20名近い有名ブロガーが参加しています:

アミット・アガルワル
月間数百万ページビューのアクセスを誇る、インドで最も人気が高いITブロガー。

クリス・クラーク
学生の時から執筆しているブログが注目され、カナダの有名広報会社の若手幹部として働く有名ブロガー。

ローレル・ファンフォッセン
英語圏No.1のシェアを誇るブログソフト「WordPress」のエバンジェリストとして知られる女性ブロガー。

スコット・カープ
出版業界とデジタルメディアの未来を語るブログとして有名な「Publishing2.0」の創立者兼ブロガー。

デレク・ファンフリート
人気ソーシャルニュース「Digg」のトップ10ブックマーカーとして知られるソーシャルメディアのスペシャリスト。

ランス・ウィーラー
ネット口コミでヒットした映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の元ネタ作品を制作したことで知られる映画監督。

ワン・シャオ
中国の新聞社で働く現役ジャーナリストブロガー。

■日本におけるブログヘラルドの展開
3月6日に一般公開されたブログヘラルドですが、既に2006年末からの主要コラムの大半を翻訳済みであり、現時点で100本近いコラムが掲載されています。今後は最新のニュース、コラムを英語版「The Blog Herald」の記事をほぼ1日以内に翻訳し、掲載していく予定です。また将来的には日本独自のコラムやニュースも発信し、英語版「The Blog Herald」でも掲載するなど日本初の情報発信を世界に向けて行っていく予定です。

■お問い合わせ先
アイオイクス株式会社 ソーシャルメディア事業部
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-40-15
電話:03-5786-3003 FAX:03-5786-3004
URL:リンク
担当 大西 / E-mail japan@blogherald.com

【アイオイクス株式会社について】
アイオイクスは過去500以上のウェブサイトにSEOサービスを導入した実績を誇る日本有数のSEOコンサルティング会社です。またその高い技術力を背景に、ブログやRSS、アフィリエイト等の各種ウェブマーケティングソリューションを独自開発・販売しています。Web2.0への造詣も深く「RSSマーケティング・ガイド」「Web屋のためのRSSガイド」等の書籍も執筆しています。
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。