logo

「タッチスクリーンインターフェースに関する動向分析」無料レポートを発表

ROA Groupがお届けする最新アナリストコラム

アジアを中心とした調査レポートの発行・リサーチコンサルティングを手がける株式会社ROA Group(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析コラム「タッチスクリーンインターフェースに関する動向分析」の無料レポートを発表しました。

●報告書の概要●
Appleの「iPhone」とLG電子の「Prada Phone」によりタッチスクリーンによるインターフェースが注目されている。すでにタッチスクリーンを採用している携帯電話が多数発売されているにもかかわらず、Appleの大きな影響力に後押しされ、次世代インターフェース技術として急浮上しており、LG電子もその恩恵を受けている状況である。しかし何よりもタッチスクリーン技術を巡る否定論として出ていた数々の意見を払拭させている技術と部品の進化も目をみはるものがある。

本コラムでは、再び注目され、さらには次世代携帯電話の進化に不可欠とも予測されている前面LCDのタッチスクリーンUI搭載に関する動向と今後の可能性について検証する。


●目次●

1 INTRODUCTION

2 タッチスクリーンインターフェースに関する事例
 2-1 国内市場の動き
 2-2 韓国市場の動き
  2-2-1 サムスン電子
  2-2-2 パンテック&キュリテル(Pantech&Curitel)

3 タッチスクリーン市場の今後の可能性について


図表目次

[図2-1] 3パターンから選べる操作モードイメージ
[図2-2]「SCH-W559」モデルでサムスン電子初のTactile feedback振動機能搭載モデル
[図2-3]「SKY IM-U140」 オートスライド衛星DMB端末
[図2-4]「SKY IM-U160」及び「SCH-S310」モデル


次のURLから会員登録後に無料でご覧いただけます。
URL:リンク

会員登録ページはこちら
リンク

●会社概要●

社名    株式会社ROA Group
所在地   東京都新宿区西新宿6-12-4 コイトビル8階
Tel. 03-3349-8071 Fax. 03-3349-8072
URL リンク
Email research@researchonasia.com
その他支店:ソウル支社、上海支社
代表者   代表取締役社長 李 承 勲
事業内容   受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野   アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


●本プレスリリースについてのお問い合わせ●
株式会社ROA Group レポート・マーケティングチーム 担当:李, 野池
Tel: 03-3349-8071 Email: report@researchonasia.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事