logo

エリアビイジャパン、CSK Winテクノロジと「SWANStor モバイルソケット for Exchange」の販売代理店契約を締結

機種対応型のMS Exchange用モバイルオフィス製品の拡販を視野に

エリアビイジャパン株式会社/株式会社 CSK Winテクノロジ 2007年02月27日 10時00分

エリアビイジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)と株式会社 CSK Winテクノロジ(本社:東京都新宿区)は、エリアビイが開発販売を手がけるモバイルオフィス用ソフトウェア製品「SWANStor モバイルソケット for Exchange」、およびSSL-VPNソフトウェア「SWANStor Serverシリーズ(注)」に関し、販売代理店契約を締結したことを本日発表します。

「SWANStor モバイルソケット for Exchange」は、Microsoft Exchange Serverをご採用の企業向けにエリアビイが本年2月27日より販売を開始するモバイルオフィス用パッケージソフトです。Microsoft Exchange Server上のデータをWebに変換し、携帯電話端末、スマートフォン、PC端末からのメールやスケジュールなどの閲覧、編集などを可能とします。これに、エリアビイの主力製品であるSSL-VPN製品「SWANStor Serverシリーズ」を組み合わせることで、端末機種に応じたカスタマイズやファイアウォールに設定変更を加えることなく、容易にリモートアクセス環境を導入できる点が特長です。Microsoft Exchange Serverシリーズ製品の最新版である「Microsoft Exchange Server 2007」にも対応するとともに、多種多様なモバイル端末で幅広くご利用いただけます。特に携帯電話端末においては、標準で3キャリア300機種以上の端末に対応しています。

この度の契約締結は、CSK Winテクノロジのサービスメニューの一つに「SWANStor モバイルソケット for Exchange」、および「SWANStor Server シリーズ」を加えることで、CSK Winテクノロジのソリューション強化と両社の販売チャネルを相互活用した本ソリューションの販売促進を目的としています。ユーザ企業におけるリモートアクセスへのニーズに対し、万全の通信セキュリティを実装した最新のソリューションで対応することが可能となります。

今後両社は、各社の技術、およびサービス提供体制を連携させ、既存のMicrosoft Exchangeユーザへの提案活動とともに、新規ユーザの獲得を目指していきます。本契約締結に基づき、両社では初年度5,000万円の売上を見込んでいます。


【本リリースに関するお問い合わせ】

エリアビイジャパン株式会社 営業本部 玉田
TEL:03-3256-5022  e-mail: sales@areabe.com

株式会社 CSK Winテクノロジ 製品営業グループ
TEL: 03-3343-2503  e-mail: sales@cskwin.com

用語解説

(注)「SWANStor(スワンストア) Serverシリーズ」について

エリアビイが提供する、PCや携帯電話からのリモートアクセス環境にて企業システムを保護するSSL-VPN(仮想私設網)ソフトウェアです。ファイアウォールやルータなどの既存のネットワークシステムに設定変更を加えることなく簡易に導入でき、Gateway共有サービスをASPとしてインターネット上で提供していることから、インターネット環境に適しています。標準で対応している携帯電話の機種数には定評があり、2006年12月時点で、3キャリア約300機種に対応しています。


【エリアビイジャパン株式会社について】(リンク

エリアビイジャパン株式会社は、情報化社会において有用性の高い革新的なソフトウェア技術を創造していくことを理念に掲げ、世界市場をターゲットにソフトウェア製品の開発と販売を行っています。主力製品であるSSL-VPN(仮想私設網)ソフトウェア「SWANStor(スワンストア) Serverシリーズ」は、SSL-VPNという分野が黎明期であった頃より他社に先駆けて販売を開始し、現在までに500社・8,000本以上の出荷実績があります。2006年11月には、企業への技術サポートに力点をおいたセキュリティ運用サービス「RECARGE(リカルジェ)」の販売を開始し、セキュリティ製品の提供だけでなく、総合的なセキュリティサービスの提供を目指しています。

本社所在地: 東京都千代田区神田須田町2-8-2
代表: 代表取締役 鈴木 一成
設立: 2001年11月
資本金: 3億987万円(2006年1月現在)
事業内容:
・セキュアリモートアクセスソフトウェアの開発、販売
・プロフェッショナルサービス提供

【株式会社 CSK Winテクノロジについて】(リンク

株式会社 CSK Winテクノロジ(旧名:株式会社エイ・エヌ・テイ)は、Windowsソリューションに関する豊富な経験とノウハウを活かし、設計・開発から運用サポートまでの全ての面で先進的なサービスを提供しています。当社はマイクロソフト社の世界初の合弁会社として設立された後、現在ではCSKホールディングスの100%子会社として『CSKグループにおける唯一のWindows専門特化企業』の役割を担っています。また、Windows環境を強化する最先端のソフトウェア製品の開発・販売を行っており、Sendmailやセキュリティ関連製品を中心に、幅広いラインナップを取り揃えています。マイクロソフト社との強い協力関係と高い技術力を活かし、セキュリティ強化から情報の戦略的活用まで付加価値の高いサービスを提供しています。

本社所在地: 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル 20階
代表: 代表取締役社長 東 敬司
設立: 1994年6月
資本金: 1億円
事業内容:
・ITコンサルテーションサービス
・アプリケーション開発サービス
・インフラ設計・構築サービス
・プロダクト開発・販売サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。