logo

米国のホームコントロール市場は2007年に30億ドルを超える

米国の調査会社パークスアソシエイツ社は、米国のホームコントローラ市場がまだマスマーケットには達していないものの、2005年の30億ドルから2007年には35億ドルまで発展するという予測を発表した。

米国のホームコントローラ市場はまだマスマーケットには達していないものの、2005年の30億ドルから2007年には35億ドルまで発展するだろうと米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「ホームシステム市場調査:ホームコントロール市場と予測」は報告する。難しい市場にもかかわらず、堅調な新築住宅市場と、その可能性や手ごろ感で消費者のインテリジェントホームシステムへの関心を高めるBest Buyの新しいConnectedLife.Homeパッケージ提供などの企業の努力によって、成長するだろう。

「Best Buyのような試みが、ネットワークに接続したホームシステムが広範に受け入れられるための地ならしをしている。ホームコントロール市場は、技術力の不足というよりは消費者の認知度が低いために停滞した状況にあるが、有名企業の参入や、ブロードバンドやネットワーク型エンターテインメントサービスの採用が進むことで、このようなハードルを超えることができるだろう」とパークスアソシエイツ社のホームシステム調査主任のBill Ablondi氏は語る。


調査レポート「ホームシステム市場調査:ホームコントロール市場と予測 - Home Systems: Home Controls Update」は、家庭内のいろいろな場所でさまざまな製品やエンターテインメントを体験できるネットワークを所有する米国の世帯数は、2010年までに3000万以上に増加するとしている。これによってホームコントロールは、2010年に40億ドル以上、2012年には60億ドルに達する大きな利益をあげ、今後6年間着実に発展するだろう。

「現在ホームコントロールシステムは、新築住宅市場と密接に関係している。しかし、電力線技術と無線技術が発展し、中古住宅においてもホームコントロールやオーディオ/ビデオを分配する機能を導入するために配線をし直さなくてもよくなれば、今後数年間でそのような状況は劇的に変化するだろう。中古住宅市場がホームコントロールの市場に開放されるようになれば、非常に大きな可能性が開けてくる」と、Ablondi氏は言う。

調査レポート「ホームシステム市場調査:ホームコントロール市場と予測 - Home Systems: Home Controls Update」は、詳細な分析と調査に基づいて、ホームコントロール市場における競争の評価とホームシステムインストールチャネルに関連する、カスタム電子システムデザイナ/インテグレータ、セキュリティシステムインテグレータ/インストーラ、建築業者、消費者などのすべてについての情報を提供する。また、最新のホームコントロールの売上高と収益の合計と、アプリケーション、単身者対家族、新築対中古住宅などの主要項目に分けて提供する。

レポート目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ホームシステム市場調査:ホームコントロール市場と予測
Home Systems: Home Controls Update
リンク

パークスアソシエイツ社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

このプレスリリースの付帯情報

ホームコントロール市場 2012年までの予測

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事