logo

ケーブルとDSLをしのぐ電力線ブロードバンドの成長

地域市場におけるブロードバンド需要の高まりと公益事業体の測定器の改良が促進する成長

米国の調査会社パークスアソシエイツ社は、電力線(BPL)サービス上のブロードバンドに加入する米国の世帯数は、2007年の40万から2011年までに250万に増加するという予測を発表している。

電力線(BPL)サービス上のブロードバンドに加入する米国の世帯数は、2007年の40万から2011年までに250万に増加するだろうと、米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「 FTTxと電力線通信市場:分析と市場概観」は報告する。消費者の需要と競争的環境によって、今後5年間のBPLの加入住宅数は、DSLやケーブルなどの他のアクセス法をしのいで、力強く成長するだろうとのことである。


「消費者の需要とビジネス要因の両方が、この成長を促進するだろう。消費者側では、多くの地域居住者はDSLやケーブルに接続する手段がないが、米国のあらゆる家庭は電力線には接続できるためである」とパークスアソシエイツ社のアナリストChris Roden氏は語る。電力線ブロードバンド接続技術は、このような世帯がブロードバンドサービスを受けるための唯一のオプションである場合が多い。また、ビジネス側では、公益事業会社がBPLの成長を推し進めるだろう。「BPLは、電力需要や問題解決以上の管理情報を企業に提供することができる。」


米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「FTTxと電力線通信市場:分析と市場概観 - FTTx and BPL: Analysis and Outlook」は、今後5年間の市場トレンドやFTTxと電力線通信市場に大きな影響を与える出来事を分析している。この技術に影響を及ぼす消費者や競争圧力と、技術展開とFTTxとBPLに関連するベンダやプロバイダの経済的な問題について調査している。


レポート目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
FTTxと電力線通信市場:分析と市場概観
FTTx and BPL: Analysis and Outlook
リンク

パークスアソシエイツ社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

電力線ブロードバンドサービス加入者予測 - 米国市場2007-2011年

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。