logo

RADVISIONがIMS DIAMETER プロトコル ツールキットの提供を発表

2006 年 2 月 13 日 (ニュージャージー州フェアローン) RADVISION (Nasdaq: RVSN) (IP、3G、および新興次世代 IMS ネットワークを介した統合ビジュアル コミュニケーション用ビデオ ネットワーク インフラストラクチャおよび開発者ツールのリーディング プロバイダ) は本日、IP マルチメディア サブシステム (IMS) DIAMETER ツールキットの提供を発表しました。

RADVISION IMS DIAMETER ツールキットは、IMS DIAMETER 準拠のネットワーク要素を開発するための高機能ソフトウェア ツールです。IMS DIAMETER ツールキットは、標準仕様 (3GPP および TISPAN) に基づき、IMS ベースの IP ネットワークとのシームレスな統合を可能にします。

RADVISION IMS DIAMETER ツールキットは、RADVISION の IMS 開発者スイートの一部です。このスイートには、コスト効率よく簡単に IMS の目標を達成するために必要なシグナリング/メディア プロトコル ツールキット、開発フレームワーク、およびテスト ツールがすべて含まれています。DIAMETER ツールキットは、すべての RADVISION シグナリング プロトコル ツールとシームレスに連携して、I-CSCF、S-CSCF、アプリケーション サーバー、HSS、オフライン/オンライン課金機能など、あらゆる IMS ネットワーク エンティティの開発に利用できます。

RADVISION の技術事業部門製品管理/マーケティング担当役員 Adi Paz は次のように述べています。「RADVISION は、IMS DIAMETER ツールキットのリリースによって最も完成度の高い IMS 準拠の開発ツール セットを市場に提供することになります。このリリースは、新興 IMS 市場の業界リーダーたる RADVISION の地位をさらに揺るぎないものにします。 IMS は、3G、有線、パケット ケーブル、WiMAX を包み込む真の統合型ネットワーク環境の基礎であり、市場は、迅速かつ確実に製品を投入するために役立つ新しい IMS ツールとソリューションを熱望しています。」

IMS DIAMETER ツールキットは、すべての一般的なオペレーティング システムで使用できます。ANSI C でコード化されており、プラットフォーム互換です。オブジェクト指向のオープンなアーキテクチャは、プログラマにとって使いやすく柔軟性が高いプラットフォームと複数の API レイヤを提供します。

RADVISION IMS 開発スイートには、IMS DIAMETER ツールキットの他に、IMS SIP ツールキット、IMS SIP サーバー、MEGACO/RTP ツールキット、IMS クライアント開発者スイート、および ProLab IMS テスト/分析スイートが含まれています。

IMS の詳細について、RADVISION は詳細なホワイト ペーパーを発表しています。このホワイト ペーパーは、次の Web サイトからダウンロードできます。 リンク

このプレス リリースには、リスクや不確定性を伴う将来を予想する声明が含まれています。これらの将来を予想する声明とは異なる現実の結果を生じさせる可能性がある要素には、業界における一般的なビジネス条件、製品の需要の変化、オーダーのタイミングおよび量または取り消し、および証券取引審議会に関する RADVISIO の書類 (RADVISION の Form 20-F の年次報告書を含む) で適宜説明されるその他のリスク (ただし、これらのみに限定されない) が含まれます。 これらの文書は、計画や将来予想の声明に含まれているものとは実際に異なる結果を生じさせる可能性があるその他の重要な要素を含んでおり、それらを明らかにします。株主とその他の読者は、これらの将来を予想する声明を過度に信用しないように注意してください。それらは、作成日現在の声明に過ぎません。当社は、将来を予想する声明を公に更新したり、改訂する義務を負いません。



概要: ラドビジョン・ジャパン株式会社

RADVISION (Nasdaq:RVSN) はテレビ会議、ビデオ通信、IP および 3G ネットワーク上における音声・映像・文字画像を複合的に活用する「リッチ・メディア・ソリューション」のリーダー企業で、高品質で使いやすい製品と技術を提供しています。ISDN 網、SIP、H.323 および 3G を統合し、IP ベースのテレビ会議およびマスメディア網の開発をサポートしています。モバイルのビデオ電話への展開、IP ベースのビデオテレフォニーおよび双方向テレビストリーミング・アプリケーションの配信を世界規模で可能にしています。より詳しい情報は、ウェブサイト www.radvision.com/japan/ でご覧下さい。

2007年2月23日 14:59:28
Source: ラドビジョン・ジャパン株式会社 (NASDAQ: RVSN)
From the Japan Corporate News Network
リンク
トピック: Corporate Announcement
セクター: Electronics General, 国内

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。