logo

英国Marie Claire、ピクセル・テクノロジーズの技術を使い、雑誌のモバイル版を提供

英国を代表するファッション雑誌ブランドの一つであるMarie Claire(マリ・クレール)とピクセル・テクノロジーズ(本社:英国グラスゴー、CEO:イムラン・カーンド)は、本日、Marie Claireのモバイル版雑誌であるPicsel-Powered Marie Claireを発刊することを発表しました。Marie Claireモバイル版は、2007年の3月より限定された英国の読者向けに無料で提供され、その後12ヶ月をかけて英国全土に段階的にサービスを拡大していく計画です。

これにより、Marie Claireの読者は、非常にリッチでインタラクティブなモバイル雑誌サービス・コンテンツを閲覧することができます。このモバイル雑誌には、先進的なスタイル・コンシャスな女性に向けたモバイルユーザーをターゲットとしたコンテンツが用意されています。また、モバイル広告もこのサービスに含まれており、コンテンツ・プロバイダーに、ターゲット読者へのアプローチするやり方の新しい可能性を提供しています。

Marie Claireでは、モバイル雑誌が市場により浸透した後には、モバイル・コミュニティの創造や、SNS(ソーシャルネットワーキング)機能、ユーザ主導のコンテンツのやり取り等ができるフルサービスの導入を検討しています。

Marie Claireのパブリッシング・ディレクターである、リチャード・ジョンストーン氏は次のように語っています。「ファッション、ビューティ、セレブ、ルポルタージュを組み合わせたMarie Claireは、約20年にわたり、英国の30代女性の気持ちを確実に捉えてきました。今後Webやモバイル技術の重要性が読者の生活のなかで高まってくることが予想させる現在、読者の皆様がMarie Claireをモバイルプラットフォームで利用できるようにすることは、読者にとっても、広告主にとっても非常に有意義なことだと思います。ピクセルは、わたしたちの持つモバイルについてのアイデアを現実のものに替えることができる、技術プラットフォームを提供してくれる素晴らしいパートナーです。」

ピクセル・テクノロジーズのCEOであるイムラン・カーンドは次のように語っています。
「モバイルアナリスト企業であるInforma Telecom & Media は、現在、モバイル・エンターテイメント市場は、2010年には420億ドル規模に達すると予測しています。この業界として、ピクセルが、Marie Claireの、個々の読者の好みやニーズに基づいて商品またサービスを提供している革新的な組織と一緒に仕事ができることは素晴らしいことだと思います。」

Marie Claireのモバイル版マガジン雑誌は、2007年の6月号から正式に提供が開始される予定です。またMarie Claire以外の他のモバイルコンテンツポータルでも、モバイル版Marie Claireが提供される予定となっています。

用語解説

********************
Marie Claireについて
********************

Marie Claireは、27カ国で各国版が発売される、世界的なアイコンとなっています。ファッションと美容の分野で、スタイルと充実した内容を両立させ、ファッションショーからハイストリート・ショップまで全てを取り込み読者の真剣な興味と遊び心を反映した特集コンテンツを提供しています。Marie Claireは、ファッション月刊誌のリーダーとして、業界のトレンドセッターとなっています。

********************************
ピクセル・テクノロジーズについて
********************************

ピクセル・テクノロジーズは、今までにないレボリューショナルなモバイルコンテンツの表現を可能とします。サービス・プロバイダー、携帯電話メーカー、コンテンツ・デベロッパーといったモバイル・エコシステムの中核を担う主要な企業は、ピクセルのダイナミックなソフトウェアプラットフォームにより、生き生きとしたビジュアル性溢れるモバイルコンテンツ体験を提供することができます。ピクセルの技術はすでに、全世界で、7,000万台以上の機器に搭載されており、200人を超える社員が、欧州、アジア、米国のオフィスで働いています。顧客には、Palm, Inc., Motorola、 Samsung、 シャープ、NTTドコモ、パナソニック、Nokiaなどが含まれます。詳細につきましては、www.picsel.comをご覧ください。

関連情報
http://www.picsel.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事