logo

音声認識システム(サイボグ501)の産学連携による取り組み

~株式会社シーネットと城西国際大学大学院野澤研究室~

報道関係者各位
2007年2月5日
株式会社シーネット

株式会社シーネット(千葉県船橋市、代表取締役社長:小野崎伸彦)と城西国際大学大学院野澤研究室と産学連携によりロジスティクス情報技術の新分野での取り組みを開始した。
今回は株式会社シーネットがGenesta社(米国)と業務提携により開発した音声認識システム(サイボグ501)の物流現場での展開にあたり事前の調査・研究、導入後の生産性分析等について両者共同で実施し、物流作業の効率化の推進を図る事を目的としている。
音声認識システム(サイボグ501)は物流センタ内でヘッドセットを利用し音声の指示に従いハンズフリー(両手)で物流作業(ピッキング)を行う仕組みで、現行のハンディーターミナル等での物流作業に較べ作業工程の削減と両手が使えることにより作業効率の大幅な改善が期待できる。
 株式会社シーネットと城西国際大学大学院野澤研究室とは今後もロジスティクス情報技術の分野で連携の上新たな取り組みを図っていくこととしている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
【本リリースに対するお問合せ】
■ 株式会社シーネット
設立年月日   1992年1月
代表取締役社長 小野崎 伸彦
本社所在地   千葉県船橋市本町4-41-19
資本金     1億3992万円
事業内容    ロジスティクス・ソフトウェアの開発・販売、無線関連機器の販売
URL      リンク
担当      大川 勉
TEL      047-422-1291
FAX      047-422-3797
E-mail     cnetinfo@cross-docking.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事