logo

エリアビイジャパン、多機種対応型モバイルオフィス製品 「SWANStor モバイルソケット for Exchange」の販売開始

エリアビイジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木一成)は、本日、「Microsoft Exchange Server 2007」に対応したモバイルオフィス用ソフトウェア製品「SWANStor モバイルソケット for Exchange」の提供を開始することを発表します。本製品は、本年2月27日より販売開始します。

「SWANStor モバイルソケット for Exchange」は、Microsoft Exchange Serverをご採用の企業向けに当社が新規開発したモバイルオフィス用パッケージソフトです。Microsoft Exchange Server上のデータをWebに変換し、携帯電話端末、スマートフォン、PC端末からのメールやスケジュール等の閲覧、編集などを可能とします。当社の主力製品であるSSL-VPN製品「SWANStor」の特性を活かし、携帯電話端末の利用においては、3キャリア300機種以上の端末で利用可能です。標準的に多機種に対応しているため、従来型のモバイルオフィス製品と異なり、導入時に企業内のシステム基盤や端末機種に応じた大掛かりなカスタマイズが不要で、容易に導入できる点が特徴です。

当社はかねてより、万全のセキュリティを確保しながら“導入の簡便性”“利用端末の機種に依存しない汎用性”を兼ね備えたモバイルオフィス製品群(「モバイルソケット」)の開発を進めています。本モバイルオフィス製品群の開発では、利用端末だけでなく、企業が独自に構築したシステムを含め多種多様な社内システムに対応していく計画ですが、この度販売を開始する「SWANStor モバイルソケット for Exchange」は、「Microsoft Exchange Server 2007」の発売にあわせ、当該モバイルオフィス製品群の第一弾として先行リリースするものです。

「SWANStor モバイルソケット for Exchange」の主な特長は以下の通りです。

①多種多様なモバイル端末に対応

Microsoft Exchange Server上のメール、スケジュール、アドレス帳などの情報を多様なモバイル端末(PC、携帯電話等)で閲覧、編集することができます。

②簡易な導入設定

導入設定にあたり、Firewallの設定変更が不要です。社内の「SWANStor Server」と組み合わせるだけで、即座にご利用いただくことができます。

③シングルサインオンで利便性を確保

多忙なビジネスユーザの利便性に配慮し、「SWANStor Server」の認証のみで、社内システムにもアクセス可能です。また、ActiveDirectoryとの認証連携についても対応しています。

「SWANStor モバイルソケット for Exchange」は、Microsoft Exchange Serverをご採用で、ネットワークセキュリティ、及び携帯電話等から企業内メールにアクセスするニーズの高い企業向けに、ソフトウェアライセンスとして販売します。当社では、「SWANStor モバイルソケット for Exchange」のライセンス販売で、初年度1億円の売上を見込んでいます。

※「SWANStor モバイルソケット for Exchange」発表セミナーのご案内

当社では、「SWANStor モバイルソケット for Exchange」のリリースに伴い、来たる2月27日、製品紹介セミナーを開催いたします。Exchange Serverへのセキュアなリモートアクセスを実現する新製品の機能、性能をご紹介します。奮ってご参加ください。
日時: 2007年2月27日(火) 14:00~16:30  
場所: 有楽町 東京国際フォーラム
詳細はこちらのURLをご覧ください。  リンク

このプレスリリースの付帯情報

「SWANStorモバイルソケット for Exchange」全体構成図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

◆「SWANStorモバイルソケット for Exchange」の概要

■Exchange利用可能機能
・受信トレイ閲覧
・メールフォルダ閲覧
・送信済みトレイ閲覧
・新規メール作成
・メール返信・全員に返信・転送
・メール削除
・予定表検索・閲覧・新規作成・編集
・他人の予定表検索・閲覧
・グローバルアドレス帳検索
・個人アドレス帳検索
・仕事閲覧・編集
・メモ閲覧・編集 等
※Exchange Serverと同時に、他の業務アプリケーションやファイルへのアクセスも可

■Exchange Server対応バージョン
・Microsoft Exchange Server2000以降

■クライアント端末(PC)
・Windows 2000/XP
・Internet Explore 6以上

■クライアント端末(携帯電話)
・キャリア、合計300機種

■提供価格
・50ユーザ版、747,500円(パッケージ、年間保守の合計、それぞれ税別)より

◆「SWANStor」について

エリアビイが提供する、PCや携帯電話からのリモートアクセス環境にて企業システムを保護するSSL-VPN(仮想私設網)ソフトウェアです。ファイアウォールやルータ等の既存のネットワークシステムに設定変更を加えることなく簡易に導入でき、Gateway共有サービスをASPとしてインターネット上で提供していることから、インターネット環境に適しています。簡易な導入設定でセキュアなリモートアクセス環境を実装できるため、国内の大手企業を中心に豊富な導入実績があります。また、標準的に対応している携帯電話の機種数には定評があり、2006年12月時点での対応機種数は、3キャリア約300機種に及びます。

【エリアビイジャパン株式会社について】

エリアビイジャパン株式会社は、情報化社会において有用性の高い革新的なソフトウェア技術を創造していくことを理念に掲げ、世界市場をターゲットにソフトウェア製品の開発と販売を行っています。主力製品であるSSL-VPN(仮想私設網)ソフトウェア「SWANStor(スワンストア)」は、SSL-VPNという分野が黎明期であった頃より他社に先駆けて販売を開始し、現在までに500社・8,000本以上の出荷実績があります。2006年11月には、企業への技術サポートに力点をおいたセキュリティ運用サービス「RECARGE(リカルジェ)」の販売を開始し、セキュリティ製品の提供だけでなく、総合的なセキュリティサービスの提供を目指しています。

本社所在地:東京都千代田区神田須田町2-8-2
代表:代表取締役 鈴木 一成
設立:2001年11月
資本金:3億987万円(2006年1月現在)
事業内容:
・セキュアリモートアクセスソフトウェアの開発、販売
・プロフェッショナルサービス提供

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。