お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Wi-Fiメッシュアクセスポイント出荷数は2010年には倍増

無線接続ノードを相互に中継器のように利用することで広範囲での利用を可能にするWi-Fiメッシュは、いくつかの市場で大きく普及が進んでいると米国調査会社インスタット社は報告している。同社の市場予測によると、2006年には5万以上のWi-Fiメッシュアクセスポイント(AP)の出荷が見込まれ、2010年には約10万に上るという。しかし、システム同士の整合性がないことが、成長のハードルとなっている。

無線接続ノードを相互に中継器のように利用することで広範囲での利用を可能にするWi-Fiメッシュは、いくつかの市場で大きく普及が進んでいると米国調査会社インスタット社は報告する。2006年には5万以上のWi-Fiメッシュアクセスポイント(AP)の出荷が見込まれ、2010年には約10万に上るだろう。しかし、システム同士の整合性がないことが、成長のハードルとなっている。

「メッシュネットワークの業界標準が全くなく、メッシュベンダ間の相互運用性には問題が多いのに、ユーザは1つのベンダからWi-Fiメッシュネットワークギヤを購入しなければならない。しかし、Wi-Fiのクライアントは数多く規格化されており、Wi-Fiメッシュネットワーク対応に向けての準備は整っている」とインスタット社のアナリストGemma Tedesco氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ Troposには地方自治体で最大の占有率を誇るメッシュネットワークがあるが、Nortel、Strix、BelAir、SkyPilotは、2006年にこの市場に参入した
■ Ciscoは、2005年後半にWi-FiメッシュAPを開始したが、ビジネスと政府系ネットワークに強いITチャンネルを占めており、この市場の「ワイルドカード」と目されている
■ 2006年中に、ほとんどのWi-Fiメッシュベンダが自治体のネットワークと接続した


インスタット社の調査レポート「Wi-Fiメッシュ機器市場:メッシュネットワーク概観、アクセスポイント、出荷予測、ベンダ分析 - In-Depth Analysis: Wi-Fi Goes Long: The Wi-Fi Mesh Equipment Market」は、Wi-Fiメッシュ技術の市場を調査した。Wi-Fiメッシュ技術を概観し、主要ベンダのプロフィール、2010年までのアクセスポイントの出荷数と収益の予測、牽引要因と障害を掲載している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Wi-Fiメッシュ機器市場:メッシュネットワーク概観、アクセスポイント、出荷予測、ベンダ分析
In-Depth Analysis: Wi-Fi Goes Long: The Wi-Fi Mesh Equipment Market
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。