logo

VODがもたつけば、NVODはいすわる

英国の調査会社インフォーマテレコムズ&メディア社は、2011年までに4億3500万世帯のVODもしくはNVODサービスが普及して、世界のテレビ所有世帯の38%に及び、114億USドルの収益が生まれると報告している。

英国の調査会社インフォーマテレコムズ&メディアの調査によれば、2011年までに4億3500万世帯のVODもしくはNVODサービスが普及して、世界のテレビ所有世帯の38%に及び、114億USドルの収益が生まれるだろうとのことである。

インフォーマテレコムズ&メディアの調査レポート「オンデマンドTV市場 (第5版)」によれば、2011年までのオンデマンド加入者の45%をアジア太平洋地域が占めるが、非常に価格が安いために、世界の収益に占めるアジア太平洋地域の割合は12%に留まるだろう。一方、北米は加入者数では27%であるが、収益では46%を占める。

この調査レポートは、スポーツのペイパービューや、デジタルケーブルやDTHによる映画配信によるNVOD(near-video-on-demand、擬似ビデオオンデマンド)などの確立した配信方式が、今後しばらくはオンデマンドセクタの主流であるだろうとしている。その後に、加入者が欲しい時に番組を購入できる、ほんとうのビデオオンデマンド(VOD)の時代がついにやってくるだろう。

調査レポートの著者であるAdam Thomas氏は「最近まで、技術的に優れたVODが迅速にNVODにとってかわるだろうという期待があったが、未だそうなってはいない。利用可能なVODコンテンツの多くが無料であり、解約防止のために使用されている。この戦略はいつまでも続かないが、NVODビジネスが継続し確立する一方で、オペレータも有料のVODコンテンツのレベルを徐々に上げている。加えてDVRの台頭がある。DVRはNVODサービスと相性がいい」と語る。

(表省略)

ヨーロッパでは、英国がオンデマンドの先進国で2006年に4億8000万USドルと、2番手のフランスの2億4100万USドルの約2倍であった。多くのオペレータが自社のネットワークをアップグレードさせ、消費者のデジタルテレビと高速インターネットの利用が進んでいる。その上、通信会社は、DSLとFTTHによるエンターテインメントセクタをどんどん推進した。

(表省略)

「オンデマンドTV市場 (第5版)」は、「New Media Market」、「Converging Media」、「TV International」などのビジネス情報のニューズレターなどを提供するインフォーマテレコムズ&メディアの調査レポートです。
インフォーマテレコムズ&メディアの調査レポート「オンデマンドTV市場 (第5版)」
この調査レポートは、前号の完全なアップデート版であり、この1年間のオンデマンドテレビ市場に関する情報を紹介している。このシリーズでは初めて、DVR/PVR市場のデータと予測を掲載し、オンデマンドとデジタルビデオレコーダセクタとのシナジー効果に焦点を当てている。



◆調査レポート
オンデマンドTV市場 (第5版)
リンク

◆英国インフォーマテレコムズ&メディア社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。