logo

トライコーン、フィードフォースと合同セミナーを開催

RSSを活用したSMOによる企業サイト集客と、戦略的なメール配信による顧客ロイヤルティーの向上について

トライコーン株式会社(本社:東京都新宿区 代表:七村 守)は、株式会社フィードフォース(本社:東京都千代田区 代表:塚田耕司)と合同で、「RSSを活用したSMOによる企業サイト集客と戦略的なメール配信による顧客ロイヤルティーの向上について」と題したセミナーを開催する。

報道関係者各位
プレスリリース
                          2007年1月15日
                      トライコーン株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    トライコーン、フィードフォースと合同セミナーを開催

       RSSを活用したSMOによる企業サイト集客と
   戦略的なメール配信による顧客ロイヤルティーの向上について

     リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トライコーン株式会社(本社:東京都新宿区 代表:七村 守)は、株式
会社フィードフォース(本社:東京都千代田区 代表:塚田耕司)と合
同で、「RSSを活用したSMOによる企業サイト集客と戦略的なメール配信
による顧客ロイヤルティーの向上について」と題したセミナーを開催す
る。

同セミナーは、二部構成で開催される。
第一部では「Web2.0」ムーブメントによって企業サイトへのアクセス傾
向がどう変化しているのか、その対策として企業はSMO(Social Media
Optimization)にどう取り組めばよいのかといった点についてを紹介す
る。

第二部では、企業サイトにアクセスした見込顧客と既存顧客に対して戦
略的なメールマーケティングを実践し、顧客満足度を向上させた最新事
例をPC・モバイル、双方の観点から紹介する。

お申込はこちら
リンク

━ セミナー概要 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タイトル: RSSを活用したSMOによる企業サイト集客と戦略的なメール
配信による顧客ロイヤルティーの向上について
開催日時: 2007年2月14日(水) 15:00~17:00
場 所 : 港区南青山5-1-3 青山ラ・ミアビル6F
定 員 : 25名(お申し込み多数の場合抽選とさせていただきます。)
費 用 : 無料
主 催 : トライコーン株式会社、株式会社フィードフォース

講演内容:
第1部 : 最新事例から見る次世代のトラフィック誘導施策について
講 師 : 株式会社フィードフォース
      代表取締役 塚田 耕司

第2部 : 戦略的なメール配信による顧客ロイヤルティーの向上について
講 師 : トライコーン株式会社
      シニアコンサルタント 木村 努

その他 : セミナーへのご参加は一社二名までとさせていただきます。
      (お申し込みは一名ずつお願いいたします。)
      講演スケジュールは予定であり、当日の講演内容は予告なく
      変更する場合がございます。予めご了承ください。

お申込はこちら
リンク

━ 株式会社フィードフォース ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ウェブサイト : リンク
所在地    : 東京都千代田区麹町3-2-1 白和ビル2F
事業内容   : RSSフィードを使ったマーケティングシステムの提供
RSSフィードを使った広告システムの提供
デスクトップアプリケーションの提供
インターネット上でのマーケティングコンサルティング

━ トライコーン株式会社 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ウェブサイト : リンク
所在地    : 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル13F
事業内容   : 電子メールを利用したビジネスモデルの企画、運営


━ お問合せ先 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トライコーン株式会社
コンサルティンググループ : 木村
電話番号    : 03-5324-7071
メールアドレス : sales@tricorn.co.jp

用語解説

RSS:Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。
SMO:Webサイトのアクセス向上策の一つで、ブログや掲示板(BBS)、SNSといったユーザが情報を発信するCGM系のサイト(ソーシャルメディア)での認知度や評判を高め、サイトへのアクセスや評価を向上させること。Ogilvy Public Relations社のRohit Bhargava氏が提唱した概念。
Web2.0:2004年頃から登場し始めた新しい発想に基づくWeb関連の技術や、Webサイト・サービスなどの総称。「2.0」という表現はソフトウェアの大幅なバージョンアップをなぞらえたもので、1990年代半ば頃から普及・発展してきた従来型WWWの延長ではない、質的な変化が起きているという認識を込めたもの。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事