logo

コミュニティサイト専門の運用サービスcommunity-cruise(コミュニティクルーズ) 携帯SNSの運営サービスを開始

株式会社ガイアックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)と、フォースクーナ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:三角正樹、以下フォースクーナ)が提供する『community-cruise(以下コミュニティクルーズ)』は、携帯SNSの運営サービスを開始致します。

PC版に加え、携帯特有の運営課題もひとつの窓口で解決致します。特徴は以下の通りです。

1.投稿、問合せの増加と種類の多様化へ対応
携帯からの頻繁なアクセスに比例し、多様化するお問合せメールの対応を行います。24時間365日体制の投稿監視と併せてお申込いただけます。どちらもお客様のご要望に合わせた対応の基準作成が可能です。

2.トラフィックの量が増えたことによるレスポンスの低下を回避
画像や動画の投稿が増えると、トラフィックに大きく影響するため、レスポンスタイムの低下が起こる可能性があります。稼動監視と迅速な障害対応を行い、携帯ユーザへの不快感を解消します。

3.新規機種登録
機種が増える度のデータ登録を行います。また、PCとは異なり様々な機種対応が必要なモバイルには、より専門的なコミュニティサポートが必要です。コミュニティクルーズは、まとめて代行致します。


【お問い合わせ先】
フォースクーナ株式会社 担当者:川出
TEL:03-3350-9895 FAX:03-3350-9896 Email:info@forschooner.net
本文に関する詳細は、以下資料をご参照下さい。

-----------------------------------------------------------------
資料<コミュニティクルーズについて>

(1)コミュニティクルーズとは
コミュニティサービスの企画・開発・運営に特化したガイアックスと、ウェブサイトの24時間365日有人により、迅速な障害対応を行う等の監視サービスを中心に提供してきたフォースクーナが、2社の専門性を活かし、SNSビジネスの活性化を目的に、「安全・堅実・安心」なサイト運営のトータルサポートを提供するサービスです。新しい事業モデルとして様々な起用ケースが予想される、ソーシャルネットワーキングサイト(以下SNS)に対し、導入および導入後の運営管理の課題を、ひとつの窓口で解決することをコンセプトにしております。
今後も、コミュニティクルーズは、コミュニティ運営の全面的なバックアップを目指し、サービスの充実化に努める方針です。

(2)コミュニティクルーズでは以下のようなサービスを実施しております
○ 投稿(掲示板や日記等の記事、コメント、画像、動画など)を監視
○ 不適切な投稿を報告あるいは削除
○ BBS、SNS、Blog等で、日記や記事あるいはコメント等の日々の書き込み業務
○ ユーザーからのお問合わせメール対応
○ 日報や、お問合せ数、お問合せ内容をまとめたレポートを定期的に提出
○ システムが正常に稼動しているかどうか、24時間365日有人監視し、障害時には可及的速やかに復旧作業
○ OSの設定、アカウント追加・削除、apache、sendmail、bind等のアプリケーションの設定変更、コンテンツチェック、ログ集計などのシステム運用業務を代行
○ コミュニティシステムの為にサーバをレンタル
○ ネットワークも10M共有から100M専有まで柔軟に対応
○ 携帯SNSの運営

 その他、オプション項目も多数用意致しております。


■ 関連URL
community-cruise(コミュニティクルーズ) リンク
ガイアックスのユーザーサポート 
リンク
  
 

■ 著作権表記
ForSchooner Inc. (c) 2003-2007

■ サービス名表記
英字表記:community-cruise
カナ表記:コミュニティクルーズ

■ 株式会社ガイアックス 概要
設立:1999年3月5日
資本金:7億3857万5千円(2006年5月現在)
代表取締役社長:上田祐司
従業員数:116名(2006年5月現在)
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル8F
事業内容:コミュニティサービスの企画・開発・運営及びコミュニティを中心とする各種ASPの提供・コンサルティング、オンラインゲームの開発・運営・パブリッシング。
URL:リンク

■ フォースクーナ株式会社 概要
設立:2003年6月
代表取締役:三角 正樹
本社所在地:東京都新宿区新宿5丁目3-15 ナオビル3階
事業内容:オープン系システムに高い技術とスキルを持ち、システム運用業務に長年従事してきた技術者を擁し、独自開発技術をベースとして、Webシステムの監視・運用サービスおよびコンサルティングサービスを提供
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事