logo

インターネットプロバイダー総合満足度調査 満足度ランキング得点のトップは「ASAHIネット」

日経BPコンサルティング調べ -「家庭のインターネット環境利用実態調査2006年下期」より-

プロバイダーに対する総合満足度,定着度(他のプロバイダーへの乗り換えを検討していない人の比率),推奨度(利用プロバイダーを他人に薦められるかどうかの指数)の3つの指標から算出した総合ランキング得点で,前回の調査(日経マーケット・アクセス特別報告書「家庭のインターネット環境利用実態調査2006年上期」)に引き続き,「ASAHIネット」が1位を占めた。

 日経BPコンサルティングは国内のブロードバンド・インターネット利用者のプロバイダー(ISP)に対する満足度と乗り換え意向を調査した「家庭のインターネット環境利用実態調査2006年下期」 リンク の結果をまとめた。
インターネットを使って2006年10月24日~11月9日に調査を実施し,1万2203人から回答を得た。

 プロバイダーに対する総合満足度,定着度(他のプロバイダーへの乗り換えを検討していない人の比率),推奨度(利用プロバイダーを他人に薦められるかどうかの指数)の3つの指標から算出した総合ランキング得点で,前回の調査(日経マーケット・アクセス特別報告書「家庭のインターネット環境利用実態調査2006年上期」)に引き続き,「ASAHIネット」が1位を占めた。
 総合ランキング得点の2位は「eo」だった。前回の調査で4位だった「eo」は,今回の調査で定着度が1位,推奨度が2位,総合満足度が3位になり,総合ランキング得点で2位に上がった。総合ランキング得点の3位は「hi-ho」,4位は「DTI」,5位は「ぷらら」だった。

 接続料金,回線の安定性,回線の速度,提供機能全般,コンテンツ・サービス,セキュリティ関連サービスの6項目ごとの満足度も調査した。このうち,コンテンツ・サービスの項目では総合ランキング得点で7位の「BIGLOBE」が1位,これに「Yahoo!BB」,「GyaO光」,「@nifty」,「So-net」が続いた。セキュリティ関連サービスの項目では,総合ランキング得点で16位の「ZAQ」が1位になった。

用語解説

日経マーケット・アクセスの概要

コンピューターやネットワーク分野で雑誌など約30媒体を発行する日経BPグループが1996年10月から提供している会員制のマーケティング・データ提供サービスです。『日経マーケット・アクセス』独自の調査情報に日経BPグループが発行する各種媒体からの情報を加え,時々刻々と変化する市場の指標や,生産/出荷状況,ユーザー動向に関するデータを提供しています。ホームページ リンク での情報提供のほか,月刊ニューズレター『日経マーケット・アクセス・レポート』を発行しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事