お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

RFIDパッシブラベル市場

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

多くの市場やアプリケーションで、エンドユーザーに安価な自動認証ソリューションを提供することができるRFIDパッシブラベルは、今後幅広く利用され、大規模な出荷が見込まれている。特に大きいのは、大手スーパーのWal-Martや米国国防総省による大規模な採用である。アイテムレベルのソリューションを模索している医薬市場等でも、増加が見込まれている。テストや全面的な導入が相次ぐ一方で、依然としてエンドユーザーにとっては小売価格が高すぎるため、以前期待されていたほどの出荷台数の増加は実現していない。鶏が先か卵が先かと言う問題であるが、出荷台数が増加すれば価格は下がるとメーカーは考えている。
RFIDパッシブラベルのバリューチェーンには、多くの様々な企業が参入しているが、コスト引き下げと出荷台数の増加に向けそれぞれ異なるビジネスモデルを提案している。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「RFIDパッシブラベル市場:コスト、組み立て方法、将来の技術革新」は、RFIDパッシブラベルのバリューチェーンにおける企業の役割と連携を分析している。市場の出荷台数増加に向けて行われた事柄を説明し、ベンダが行っている様々なアプローチとビジネスモデルを分析している。また、RFID ICとRFIDタグの出荷台数を記載した表も提供している。



◆調査レポート
RFIDパッシブラベル市場:コスト、組み立て方法、将来の技術革新
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。