logo

ウイングアーク、Dr.Sum EA Ver2.5の機能強化版「SP1」リリース開始

操作性、検索スピードが大幅に向上

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 2006年12月11日 11時00分

Form & Data のウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区 代表取締役社長 内野弘幸)は、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA(ドクター・サム・イーエー)」のVer2.5の機能強化をはかるサービスパック「Dr.Sum EA Ver2.5 SP1」シリーズ製品を下記の通り出荷することになりましたので、お知らせいたします。

即応性を求められるビジネス要件に対応し、業務現場の担当者が必要なデータをスムーズに分析できる環境を提供するため、「Dr.Sum EA Ver2.5 SP1」シリーズは、データ処理スピードの機能向上がはかられた他、データ分析の操作性が大幅に強化されました。

本日リリースされる、Dr.Sum EA Datalizer2製品の機能強化の詳細については以下の通りです。
□Dr.Sum EA Datalizer for Excel Ver2.5 SP1(12月11日リリース)
使い慣れたエクセルの操作画面で、複数の集計結果を比較しながら自由な角度で集計分析できる拡張ソフト
<新機能>
・フィルタ強化…時間ごと、週ごとのフィルタ設定により、ある一定の時間帯、期間の必要な情報を、手間かけずに集計
・マルチ集計サポート…1画面に表示された抽出条件の異なる複数の集計表を、同時更新・実行
・結合表サポート…異なる集計単位の情報を、一つの集計表に同時に表示
・外部結合機能の強化…データの値の有無に関わらず、集計項目を表示

□Dr.Sum EA Datalizer for Web Ver2.5 SP1(12月11日リリース)
Webブラウザ上で複数の集計結果を同時に実行でき、複雑で高度なマルチ・レポーティングを実現する拡張ソフト
<新機能>
・フィルタ強化…時間ごと、週ごとのフィルタ設定により、ある一定の時間帯、期間の必要な情報を、手間かけずに集計
・マルチ集計サポート…1画面に表示された抽出条件の異なる複数の集計表を、同時更新・実行
・結合表サポート…異なる集計単位の情報を、一つの集計表に同時に表示
・外部結合機能の強化…データの値の有無に関わらず、集計項目を表示
・行列スクロール機能(枠固定)…集計結果が表示されているエリアのみをスクロール
・言語追加…英語対応
・メニューの自由配置…メニュー項目の配置位置を自由に変更
・Dr.Sum EA Visualizerのチャート表示…集計結果から最適なチャートを作成(2007年1月出荷予定のDr.Sum EA Visualizer Ver2.5にて対応)

「Dr.Sum EA」は、業務現場におけるデータ活用の要件を日本人の視点から捉え、業務現場から経営者層まで全社規模で、大規模データの集計分析を実現します。企業に蓄積された貴重なデータを活用し、ITを経営や業務の現場の業務効率向上に役立てるために、利用者に応じてデータ活用を実現する環境を提供しています。
「Dr.Sum EA Ver2.5」は今年8月に発売され、導入しやすいサーバライセンスによる価格提供により全社規模でのデータ活用を実現しています。また、またこの度の「SP1」シリーズ製品のリリースとあわせて、集計データを多彩なグラフで可視化する「Dr.Sum EA Visualizer」の Ver2.5を来年1月に出荷予定です。

今後リリース予定の「Dr.Sum EA Ver2.5 SP1」シリーズ製品と、来年リリース予定のDr.Sum EA Visualizer Ver2.5の機能強化は以下の通りです。
□Dr.Sum EA Connect Ver2.5 SP1(12月20日リリース予定)
既存システムやエクセルやメールなどさまざまな形式のデータを統合・収集し、ノンプログラミングで「Dr.Sum EA」につなげるデータ連携ソフト
<機能追加>
・データソースの結合を大幅に強化
・データソースからダイレクトにテーブル作成
・Dr.Sum EAへの更新速度が大幅に向上

□Dr.Sum EA Ver2.5 SP1(12月20日リリース予定) 
データ集計分析のための多次元高速集計検索エンジン
<機能追加>
・大規模データの処理性能の向上
・データ集計速度の向上

□Dr.Sum EA Visualizer Ver2.5(2007年1月リリース予定)
Dr.Sum EAの集計結果を、多彩なグラフ機能でグラフィカルなイメージで可視化する拡張ソフト
<機能追加>
・管理ページのフォルダツリー化
・リッチテキストボックス機能
・ダッシュボード作成支援
・行列同時ドリルダウン機能
・ダッシュボードのエクスポート、インポート
・Dr.Sum EA Datalizerへの連携機能強化

<稼働環境>
■Dr.Sum EA Datalizer Server
<OS>
Microsoft Windows 2000 Server
Microsoft Windows 2000 AdvancedServer
Microsoft Windows Server 2003 StandardEdition
Microsoft Windows Server 2003 EnterpriseEdition
Microsoft Windows Server 2003 R2 StandardEdition
Microsoft Windows Server 2003 R2 EnterpriseEdition
Microsoft Windows Server 2003 x64 StandardEdition
Microsoft Windows Server 2003 x64 EnterpriseEdition
Microsoft Windows Server 2003 R2 x64 StandardEdition
Microsoft Windows Server 2003 R2 x64 EnterpriseEdition

■Dr.Sum EA Datalizer for Excel
<OS>
Microsoft Windows 2000 Professional
Microsoft Windows XP Professional
<必要なソフトウエア>
Microsoft Office Professional Edition 2003
Microsoft .NET Framework 2.0
Microsoft Visual Studio 2005 Tools for the Microsoft Office System (VSTO 2005)

■Dr.Sum EA Datalizer for Web
<必要なソフトウエア>
Internet Exproler 6.0以降
Mozilla Firefox 1.5以降

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:62億円(2006年2月期)
従業員数:116名(2006年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  E-mail:tsales@wingarc.co.jp
<本件に関するお問合せ先>
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  E-mail:pr@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事