logo

ビートラステッド・ジャパン、 サーバ証明書の随時申請・発行サービス 「SureHandsOn」を機能強化

~商品ラインアップと更新手続き専用画面の追加により 利便性が向上~

ビートラステッド・ジャパン株式会社(代表取締役社長:阿多親市、本社:東京都港区)は本日、同社サーバ証明書の随時申請・発行サービス「SureHandsOn」に対し、さらなる製品力・利便性の強化を目的に、本年10月より商品ラインアップと更新手続き専用画面を追加すると発表しました。これにより、同社のサーバ証明書「SureServer」の申請、更新手続きが従来より一段と容易になり、お客様である管理者の負担を大幅に軽減します。

「SureHandsOn」は、ビートラステッド・ジャパンが同社のサーバ証明書「SureServer」のお客様の企業情報を事前に審査しておくことで、従来サーバ証明書の発行のたびに必要とされていた書類審査や電話確認などの細々とした申請手続きを割愛し、24時間365日、お客様による申請・発行を可能にしたサービスです。同サービスは5月の開始以来、サーバ証明書の有効期限の随意設定機能や在庫リスクのない発行後払い条件などで好評を得ております。

このたび「SureHandsOn」に追加されるメニューおよび機能は以下の通りです。 

1. 「SureServer」有効期限におけるラインアップを強化
従来までの「SureHandsOn」では、申請・発行できる「SureServer」の有効期限は「1年」までに限られていましたが、このたび、「2年」「3年」の有効期限を持った証明書の申請・発行が可能になります。
これによって、事前に「2年」、または「3年」のサーバ証明書を申請・発行したお客様においては、従来1年ごとに行っていた更新手続きが不要になります。

2. 証明書の更新漏れを防ぐため、「更新対象証明書一覧」機能を追加
従来までの「SureHandsOn」の更新情報に関しては、有効期限が切れる1ヶ月前の同社からお客様への「有効期間満了メール」による通知だけでしたが、このたび、「更新対象証明書一覧」の専用画面を追加します。
これによって、お客様の同通知メールの見落としによる更新漏れを事前に防ぐとともに、「更新対象証明書一覧」画面からボタンひとつで更新手続きが可能なため、管理者の事務処理も大幅に軽減されます。

以上

■SureServerについて
 ビートラステッド・ジャパンの「SureServer」は、パソコン・ブラウザは勿論、携帯電話端末(NTT DoCoMo、Vodafone、au/KDDI、WILLCOM)や地上波デジタル受信機器等、国内のあらゆるインターネット接続環境において業界随一の可用性を誇る「GTE CyberTrust Global Root」を独占的に活用、最大256bitsでの暗号化通信を可能にする世界最高水準の信頼性を具備したサーバ証明書です。 
リンク

■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は米Microsoft社など国内外の大手企業にルートの提供実績を持つルート証明書「GTE Cybertrust Global Root」*を所有しています。
電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変わりました。
*「GTE Cybertrust Global Root」は、PCブラウザの99%に対応する汎用性を兼ね備え、国内携帯キャリアのSSL暗号化通信端末に搭載されているだけでなく、地上デジタル放送にも対応しているルート証明書です。
リンク

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel:03-6889-1575  Fax:03-6215-5266
E-mail:info@betrusted.co.jp
URL:リンク

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
広報:根岸
Tel:03-6889-1577  Fax:03-6889-5266
E-mail:press@betrusted.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。