logo

世界22ヵ国の携帯電話を日本国内で一括契約できる 日本初のサービスを開始、 バックエンドシステムにeMplex CRMを採用

日本初の国際携帯電話一括請求サービス「グローバルセルラーMA」で、 世界22ヵ国の携帯電話の一括契約と ワンビリング(一括請求)が可能に

株式会社インターコミュニケーションズ エンプレックス株式会社 2006年09月25日 10時30分

株式会社インターコミュニケーションズは、国内では直接契約することのできない世界22ヵ国の携帯電話(SIMカード +端末本体)の一括契約と、ワンビリング(一括請求)ができる、日本初の国際携帯電話一括請求サービス「グローバルセルラーMA」http://ma.globalcellular.co.jp/を9月26日より開始いたします。本サービスのバックエンドシステムは、エンプレックス株式会社が顧客管理システム「eMplex EM」を提供いたしました。

株式会社インターコミュニケーションズ(代表取締役社長:西村誠司、本社:東京都渋谷区、一般第二種電気通信事業者)は、国内では直接契約することのできない世界22ヵ国の携帯電話(SIMカード +端末本体)を一括契約と、ワンビリング(一括請求)ができる、日本初の国際携帯電話一括請求サービス「グローバルセルラーMA」(以下、本サービス)を、9月26日より開始いたします。インターコミュニケーションズでは、本サービスの開始にあたり、エンプレックス株式会社(代表取締役社長:沢登秀明、本社:東京都中央区)が提供する顧客管理システム「eMplex EM」をバックエンドシステムとして採用しております。

海外で携帯電話を利用するには、これまでは国内大手携帯キャリアが行なっている「090番号」の携帯電話を国際ローミングで使用するか、海外用携帯電話レンタル業者が渡航の都度貸し出す短期レンタルサービスを利用するほかありませんでしたが、前者は国際ローミングという構造的な問題から、「着信」も有料となり、結果として高額な通話料を負担することが多く、後者はさらに高額な上、通話明細を基にした請求スキームが成り立たないという大きな壁がありました。

本サービスでは、想定顧客をグローバルに企業活動をする法人としており、顧客は世界22ヵ国の携帯電話(SIMカード+端末本体)を日本の携帯電話と同様に国内で契約することが可能となり、現地の携帯電話の優位点である「着信無料」や「現地国内通話料」といった通話料のメリットを享受でき、かつ「現地のビジネスでは現地の番号を」というビジネスユーザーのニーズに応えることが可能となりました。

本サービスを開始するにあたり、インターコミュニケーションズは、統合型CRMパッケージベンダー・エンプレックスの「eMplex EM」を採用、同社とともに、ワンビリング(一括請求)システムを開発いたしました。これにより、世界各国から紙媒体や電磁記録媒体など様々なフォーマットで入手する通話明細データを、円建ての同一フォーマットに一本化して請求することを可能とし、ビジネスユーザーの請求処理の省力化を促進いたします。

「eMplex EM」リンクは、エンプレックスが開発・提供する統合CRMパッケージ「eMplex CRM」の、メール・Webフォームと連動した顧客管理システムです。「グローバルセルラーMA」の契約情報と通話履歴をシームレスに連携することにより、顧客企業や紹介代理店は、ID/パスワード認証を経て、Web上でアカウントごとの通話明細やバックマージンを閲覧できます。またこれらのデータは、随時ダウンロードして経費付替えなどの管理業務に利用することも可能です。

2006年10月に開始される携帯電話の「ナンバーポータビリティ制度 」の実施を控え、今後は中長期的に「番号(SIMカード)」だけでなく端末本体もキャリアに依存しないものが普及することを見込まれます。このような将来を見越して、株式会社インターコミュニケーションズは、一般第二種電気通信事業者として、海外の携帯電話会社の番号(SIMカード)を一括して提供する本サービスを日本でいち早く事業展開することにより、日本国内で初年度2億円、2年目に6億円、3年目に18億円の売上を見込んでいます。また、同様のビジネスモデルが世界にないことから、将来は国際展開も視野に入れております。

【契約できる国と携帯キャリア】
アメリカ(T-mobile USA)、カナダ(fido)、中国(中国移動通信)、台湾(遠傳)、香港(Hutchison 3)、韓国(SK telecom)、タイ(true)、シンガポール(SingTel)、インドネシア(TELECOMSEL)、オーストラリア(OPTUS)、インド(Hutch)、イギリス(orange)、フランス(orange)、イタリア(WIND)、ドイツ(T-mobile)、ブラジル(TIM)、オランダ(Telfort)、ベルギー(BASE)、スペイン(Telefonica MOBISTAR)、フィンランド(sonera)、ロシア(Megafone)、スイス(sunrise)、計22ヵ国のキャリア

WEBサイト

■サービス名称   グローバルセルラーMA(海外用携帯電話長期レンタルサービス)
■URL         リンク


会社プロフィール

■会社名 株式会社インターコミュニケーションズ
(英文名:Inter Communications Co.,Ltd.)
■代表者 代表取締役社長 西村 誠司
■本社所在地 東京都渋谷区東1丁目26番20号 東京建物東渋谷ビル8階
海外現地法人 ハワイ・香港・ロンドン
■設立 1995年11月
■売上高 4億円(2006年8月期)
■事業内容 海外用携帯電話ならびにデータ通信キットのレンタル・販売事業
■従業員数 22人

■会社名 エンプレックス株式会社
■代表者 代表取締役社長 沢登 秀明
■本社所在地 東京都中央区銀座6丁目2番1号 ダヴィンチ銀座6階
■設立 1996年12月
■売上高 14億5千万円(2005年11月期)
■事業内容 CRMパッケージソフト「eMplex CRM」の開発・販売・導入/CRM導入コンサルテーション/WEBマーケティングコンサルテーション
■従業員数 76人

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社インターコミュニケーションズ 広報担当
佐々木 信吾  e-mail:shingo@globalcellular.co.jp
〒150-0011 東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル8階
TEL. 03-5766-2722(代表)  FAX.03-5766-2723
リンク

エンプレックス株式会社 広報室
清水 響子  info@emplex.co.jp
〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 ダヴィンチ銀座6階
TEL.03-5568-7331  FAX.03-5568-7270
リンク

このプレスリリースの付帯情報

グローバルセルラーMAのフロー

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

*1 SIMカード:
Subscriber Identity Module Cardの略称で、電話番号などの回線情報が記録されたカード状のICチップ。端末本体に挿入することではじめて、携帯電話として機能する。

*2 ナンバーポータビリティ制度
携帯電話の加入者が別の携帯電話事業者に契約を切り替えても、元の電話番号がそのまま使える制度。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。