logo

e-リスク保険付「VSRプレミアムサービス」販売開始のお知らせ

損害保険を付帯したセキュリティサービスの提供を開始

バリオセキュア・ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:坂巻千弘)は、東京海上日動火災保険株式会社(以下、「東京海上日動」)の「e-リスク保険」を付帯した『VSRプレミアムサービス』を9月1日より販売します。

『VSRプレミアムサービス』は、ユーザ顧客のセキュリティに関わる損害に対して、東京海上日動の補償を無償で受けることができるサービスです。ユーザ顧客は『VSRプレミアムサービス』を申し込むことで、「ルータ」+「ファイアウォール」+「IDS(不正侵入検知)/ADS(自動防御)」の最新セキュリティソリューションサービスを標準サービスとして利用できるうえに、万が一、セキュリティサービスを提供するネットワーク環境において損害が発生した場合には、所定の保険金の支払いを申し受けることが可能です。

『VSRプレミアムサービス』の補償内容、および補償範囲は以下のとおりです。
○VSRを経由して通信をしたパソコンからの個人情報の漏洩:
 ・損害賠償金や訴訟に要した費用として最高1,000万円
 ・謝罪・経緯説明広告に係る費用として最高100万円
○不正アクセスやコンピュータウィルスへの感染に伴う被害:
 ・営業継続費用として最高500万円

今般、『VSRプレミアムサービス』に対して、東京海上日動リスクコンサルティング株式会社より推薦文をいただいています。

〔推薦文〕
「事故前提社会」のリスクマネジメントにおいては、事故発生を想定した対策も重要です。今回、『VSRプレミアムサービス』は、e-リスク保険を自動付帯することで総合的なリスクソリューションを実現でき、多くのお客様に受け入れられるものと確信しております。

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
主席研究員 長嶋 潔

なお、『VSRプレミアムサービス』の販売開始に際し、平成18年9月1日~12月31日までにお申し込みいただいたユーザ顧客を対象に【VSRプレミアムサービス導入キャンペーン】を実施いたします。お申し込み開始から継続してご利用いただいている期間中、月額料金が2割引でご利用いただけますので、この機会にぜひお申し込みください。

■「VSRプレミアムサービス」の概要
『VSRプレミアムサービス』では、下記のとおり、通常の「VSRセキュリティサービス」より基本サービスを拡大し、「ルータ」+「ファイアウォール」+「IDS(不正侵入検知)/ADS(自動防御)」+「e-リスク保険」をご提供することで、ユーザ顧客の大切な情報により高度なセキュリティ環境を提供しています。


※VSRプレミアムサービスの対象機器は、VSR2000以上になります。

■【VSRプレミアムサービス導入キャンペーン】実施のお知らせ
平成18年9月1日~12月31日までに『VSRプレミアムサービス』をお申し込みいただきましたユーザには、導入時から続けてご利用いただいている期間、特別に月額費用を【VSRプレミアムサービス導入キャンペーン】特別価格にてご提供いたしますので、ぜひこの機会にお申し込みください。

【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
バリオセキュア・ネットワークス株式会社 経営企画室
住所   :東京都港区愛宕二丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー
TEL  :03-5733-6360(平日9:00~18:00)
E-mail  :pr@variosecure.net
Webサイト:リンク

このプレスリリースの付帯情報

VSRプレミアムサービス概要

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■バリオセキュア・ネットワークス株式会社の概要
バリオセキュア・ネットワークスは、インターネットを利用するすべての企業に対して「総合的なセキュリティサービスを提供することにより、お客様に安心・安全かつ便利なインターネット環境を提供する」ことをビジョンに掲げ、セキュリティサービスを中心に事業展開を行っています。
バリオセキュア・ネットワークスは、ICSA認定を取得した自社開発の多機能セキュリティ機器VSRを利用した総合的なセキュリティサービスを企業向けに展開しています。
多くの企業はFirewallをはじめIDS(不正侵入検知システム)やウィルスプロテクションシステムなど多種多様で高額なセキュリティーソリューションを導入し、さらに自社で運用のスペシャリストを養成するなど、コスト面でも人的な面でも大きな負担を強いられています。
当社のセキュリティサービスは、自社で開発・製造したVSRをお客様に貸与し、これを当社の監視センターから24時間体制で監視・運用するサービスです。VSRには12種類ものセキュリティ機能が搭載されているうえに、監視・運用・保守も付帯したパッケージサービスを、低価格かつ月額一定の料金体系でご提供しています。
現在では、高度な技術力、卓越した製品パフォーマンス、ならびに徹底した顧客志向のサービスが広く認められ、大手通信事業者やデータセンターの標準のセキュリティーソリューションとして1300箇所以上で利用されています。
今後とも独自の研究開発体制を強化し、常に先進のセキュリティサービスをご提供する企業を目指します。

(注)ICSAとは、メーカーに依存しない独立の立場でセキュリティ製品のテストを行う米国の機関です。当社ではICSA Firewall認定 Version4.1 Corporateを日本で唯一取得しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。