logo

Ericsson One PhoneとMicrosoft Office Live Communications Server 2005を統合、 シームレスな電話環境とモビリティを実現

*本件は、2006年6月2日に欧州で発表されたプレス・リリースの翻訳です。

エリクソンは、One PhoneソリューションとMicrosoft Office Live Communications Server 2005を統合します。これにより、ユーザは、コンピュータのデスクトップから「クリック(ダイヤル)」すると、携帯電話を含む会社の電話システムに接続されたどの電話でも使えるようになります。

Ericsson One PhoneとMicrosoft Office Live Communications Serverの統合により、ユーザは、Microsoft Office Outlook 2003やMicrosoft Office Communicator 2005などのPCプログラムから直接、会社の電話システムに接続された各種電話による送話/受話およびその管理が可能になります。また統合されたOne Phoneソリューションはプレゼンス認識機能を備えており、ユーザは電話をする前に相手が電話に出られる状態か知ることができます。インスタント・メッセージ、会議、音声メール、eメールなどの通信ツールや機能も統合可能です。

法人顧客は、MX-ONEプラットフォーム上に構築されたEricsson One Phoneソリューションの導入により、社員の携帯電話を企業通信ネットワークに完全に組み込んで外線化し、移動性を高めることができます。移動中のユーザにとっては、携帯電話がネットワークの外線のように機能するため、直観的グラフィックユーザインターフェースを介してOne Phoneのすべての機能に簡単にアクセスすることができます。

エリクソンのMX-ONE Mobility Gatewayにより、法人顧客は、既存のPBXをOffice Live communications Serverに統合することができます。マイクロソフトのUnified Communications Group担当ゼネラル マネージャであるジグ ・セラフィン氏(Zig Serafin)は、以下のように述べています。
「関係する社員が重要な業務連絡を取り合い、より良い決断をより迅速に行うためにエンタープライズレベルのリアルタイムのコラボレーション・ソリューションが果たす役割はますます重要になっています。デスクトップからのOffice Live Communications Server活用の強化拡大に向けて、エリクソンのような業界リーダーと手を組むことは、通信とコラボレーションのさらなる効率化のためにPC、電話、携帯デバイスにまたがる通信の一体化を目指す、通信の統合という当社のビジョンの中心となるものです」

エリクソン・エンタープライズのウルバン・ギルストローム(Urban Gillstrom)社長は、「Office Live Communications Serverとの統合は、当社のOne phoneの顧客に対して新しい刺激的な統合通信ソリューションを提供する重要な一歩です。また、企業通信における収束とアプリケーションの統合を進めるプラットフォームを提供します。このプラットフォームは将来、機能豊富な統合通信システムとIPマルチメディア・サブシステム (IMS) ベースの通信を実現します」と述べています。

上記サービスは、Ericsson One Phone and Mobility Gateway ソリューションの一環として、2006年秋に提供を開始します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。