logo

ビートラステッド・ジャパン、サーバ証明書の申請・発行の新サービス「SureHandsOn」を開始

~企業のセキュリティと利便性を大幅に上げる「SureServer」の 事前審査と後払い方式~

ビートラステッド・ジャパン株式会社(代表取締役社長:阿多親市、本社:東京都港区)は本日、同社が販売するサーバ証明書「SureServer」を自組織内のサーバに対して集中的に発行・管理できる電子認証サービス「SureHandsOn」を当月より開始すると発表しました。これにより、企業のインターネットセキュリティを強化する「SureServer」の導入を飛躍的に簡単にし、セキュリティと利便性を同時に実現します。

非対面、匿名性を特徴とするインターネットでの商取引において、フィッシングなどの悪意ある第三者による犯罪が益々顕在化している状況下で、Webサイトの実在確認やSSL暗号化通信を実現するサーバ証明書の付加価値が年々注目されてきております。また個人情報保護法や、今後の導入が推進される日本版SOX法により、大企業や事業者のみならず中小企業や個人事業主の間でも、その需要が拡大しています。その中で、サーバの増設などにより、サーバ証明書の発行機会が増えるにつれて申請手続きなどの作業が煩雑化し、管理者の負担が著しく増大しています。

ビートラステッド・ジャパンは今回の「SureHandsOn」サービスで、作業負荷の軽減と利便性の向上を図り、高まるサーバ証明書のニーズに応えます。同サービスでは、ビートラステッド・ジャパンが「SureServer」のお客様を事前に審査し、サーバ証明書の申請および発行の管理をお客様自身に行っていただくことにより、お客様組織内サーバに対し、より柔軟性の高い証明書発行が可能になります。また、後払い方式の導入、10ドメインまで標準で登録することが可能(お申し込み時)、発行枚数の累計に応じた割引率の適用など、コスト面でもお客様の導入を支援します。

ビートラステッド・ジャパンの「SureServer」は、パートナ企業Cybertrust社が所有するルート証明書「GTE CyberTrust Global Root」を利用した、国内で最も長い実績を誇る世界最高水準の暗号技術を用いたサーバ証明書です。WebサーバとWebブラウザの間で安全なデータ通信を行うための「SSL暗号化通信機能」と、サイトを公開している企業の実在性を証明する「証明機能(認証機能)」とを持ち、さらに各種携帯電話(NTT DoCoMo、Vodafone、au)並びに現存するブラウザの99%に対応する汎用性を兼ね備えています。申請の簡素化と一元管理を可能にするお客様専用のWebポータルサイト「SureBoard」も同時に開設します。


■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は、電子認証及びアイデンティティ管理のグローバルカンパニーBetrusted社と、マネージド・セキュリティ・サービスの欧州トップベンダーUbizen社、インテリジェントリスクマネジメント領域におけるリーディングカンパニーTruSecure社の3社が合併した企業です。
電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変りました。
さらに昨年6月に発表されたソフトバンクBBとの戦略的資本提携により、一層の事業拡大を目指してまいります。
リンク

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel:03-6889-1575  Fax:03-6215-5266
E-mail:info@betrusted.co.jp
URL:リンク

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
広報: 柴田
Tel:03-6889-1577  Fax:03-6889-5266
E-mail:press@betrusted.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事