logo

ロイター、日本語Webサイト「reuters.co.jp」をリニューアル

デスクトップ上からニュース情報や個別銘柄情報を入手できる「ロイターデスクトップツール」を提供

ロイター・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区 代表取締役社長: 武井 祐二、以下ロイター)は本日、同社の日本語Webサイト(http://www.reuters.co.jp)をリニューアルしました。併せて、同Webサイト上で「ロイターデスクトップツール」の無償ダウンロード配布を開始しました。

このリニューアルは、一般読者へのサービス拡充を目指したもので、デザインおよび基本機能としての閲覧性を改善しています。例えば、個々のニュース記事の内容に合った関連ニュース、関連写真を新たに表示するとともに、ニュースのアクセスランキングを取り入れ、より幅広く、注目度の高いニュースコンテンツの層に簡単にアクセスできるようになりました。

今回新たに発表された「ロイターデスクトップツール」は、パソコンにインストールして利用するWindows XP対応のアプリケーションで、RSSティッカーと便利機能がセットになったツールです。これを使用して、デスクトップ上にロイター・ニュースや指定した企業の株価情報を表示させることができるほか、Web検索機能や電卓、天気予報、メールソフトやWebブラウザを起動するランチャー機能なども搭載しています。

また、「ロイター」の知名度は世界的に高いものの、ロゴのアルファベット表記と社名が一般的に結びついていない状況から、新たに日本語表記を加えたロゴを展開し、ブランド認知向上を目指します。このロゴは、ロイターの日本語Webサイトをはじめ、その他のオンラインニュースなどにて使用されます。

【日本語Webサイトリニューアル概要】
・ ロイターデスクトップツールを無償提供開始
・ 高解像度ディスプレイの普及に対応し、Webサイトの横幅サイズを1024ピクセル対応に拡大し、より多くの情報を一画面で表示可能に(一部ページを除く)
・ 個々のニュース記事に対し、関連記事、関連写真とともに、ニュースのアクセスランキングを表示し、より幅広くかつ注目度の高いニュースコンテンツへ簡単にアクセス可能に
・ 新しい日本語表記の社名ロゴを導入、ロイター・ブランドの認知向上を目指す。同時に、Webサイトデザインを、グローバルサイト「reuters.com」、英国サイト「reuters.co.uk」のデザインと統一

名称 ロイターデスクトップツール
提供開始日 2006年3月7日(火)
情報提供 ロイター・ジャパン株式会社
価格 無料
ダウンロードURL リンク
主な機能
ロイター・ニュース
(RSSティッカー、8チャンネル)
個別銘柄の関連ニュース
Web検索機能
日付・時間表示
電卓
天気予報
ランチャー機能 (ブラウザ、メーラー起動)
動作環境
Windows XP (Home/Professional)
CPU : 500MHz Pentiumまたは同等以上
HDD : 5MB以上の空き容量
メモリ: 256MB以上
その他: インターネットへの接続が可能であること

以上

<ロイターについて>
金融サービス、メディアや一般企業に必須の情報を提供する総合的な情報企業。提供する情報はスピード、正確性、独立性において高い評価を得ており、ビジネス上の意思決定時など、世界中で幅広く活用されている。また128ヵ国、189支局に約2,300人の編集スタッフを有する世界最大の国際通信社でもある。グループの総従業員数は、世界89ヵ国に15,300人(2005年6月に買収したマネーライン・テレレート社のスタッフを含む)。2005年度のグループ全体の総収入は、24億ポンド。
リンク / リンク

このプレスリリースの付帯情報

ロイターデスクトップツール

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。