お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ケータイで地域便利情報へカンタンアクセス 神戸市社会実験に参加

街なかの「案内サイン」ごとに個別のCCコード表示 これにより、神戸市の地域情報へのアクセスが簡便になります。

モバイルソリューション事業を展開しているコードコム株式会社(本社:東京都豊島区、社長:矢口勉)は、ケータイ利用者にとって便利な情報へのアクセスツールとしてのCCコードの利便性と情報ニーズとの関連を、神戸市様の社会実験に参加して実証いたします。

コードコム株式会社は携帯電話ユーザーの携帯サイトアクセス利用ニーズ実証と、情報要望の高い地域情報へのアクセス経路を最適化した手法の有効性を確認する実験を行います。

社会インフラとしての活用が進む携帯電話(端末)において、利用者が必要とする情報と携帯電話利用者に対して様々な情報を配信したい事業者との要望とは、その考え方と情報へのアクセス方法から多少なりとも相違が発生していると感じております。
一方では様々な情報をメニュー化して整理して探し易くなってはいますが、メニューに登録される情報の多角化・多彩な情報により、利用者にとって必ずしも目的の情報に辿り着けるとは言えない状況もあります。情報発信者にとっても告知したい情報のプロモーションにおいて、情報サイトへの誘導は携帯電話所有者の知識や技術に依存しなければならない状況となっています。
コードコムでは携帯電話所有者が携帯でアクセスできる情報の存在を認識いただけるQRコードでのアクセス方法や掲載と、QRコードに併記したナンバーでのアクセス方法とを補完サービスとして展開しており、QRコードを読み込みにくい状況であっても、携帯電話で電話を掛ける要領で情報サイトにアクセスできるサービスプラットフォームを提供しております。
また、利用者の情報ニーズに合った情報配信メディアとしての切り口から、「案内サイン」を起点とする情報メディアとしての価値創造を目指し、様々な情報への入口として展開を模索いたします。

今回の社会実験を通じて携帯電話所有者にCCコードを実際に使っていただくことで、情報へのアクセスの容易性や、ニーズにあった情報の活用提案による情報端末としての携帯電話利用促進を進めたいと考えております。
また、情報への誘導経路についてのご意見を利用者の声として収集し、今後のサイト構築や活用推進のデータとして利用したいと考えております。

このプレスリリースの付帯情報

掲載CCコードのイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://codecom.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。