logo

Mapserverをベースにした開発キットをリリース

~GIS業界初のデュアルライセンスを採用~

株式会社システム・デザイン・ジャパン(本社:大阪市東淀川区東中島1丁目18番5号 新大阪丸ビル本館、代表取締役:浅利五郎、電話:06-6370-6720)は、オープンソースGISの代表格であるMapserverをベースにラインナップを取り揃えた「SDJ Mapserver Solutions」を平成18年11月にリリースする事を発表。

第1弾としてリリースされる商品は、Ajax技術を利用し国内GIS業界初のデュアルライセンスを採用したSDJ Mapserver Solutions 開発キット「Nez」です。

■製品紹介

開発キット「Nez」は無償でダウンロード可能なGISの開発キットです。豊富な機能を取り揃え、デモサイト「ka-Map + Edition」相当のアプリケーションを簡単に開発する事が可能です。
また、国内GIS業界では初めてとなるデュアルライセンスを採用しており、開発キット「Nez」を利用して開発したアプリケーションは、配布時にオープンソースライセンス(GPL)、またはコマーシャルライセンスのどちらかを選択する事が出来ます。
コマーシャルライセンスでは開発キットは無償で提供され、アプリケーション配布時に小額のライセンス料金を支払う事で利用が可能です。これは開発者にとっては大変大きなメリットとなります。
GPL利用者や学術機関向けにはオープンソースライセンスを用意しました。これにより豊富な機能を無償で利用できます。
また、GUIの変更や機能追加などの請負サービス、サーバへのインストールサービス、様々な地図データの搭載サービスなど有償サービスも現在対応を検討しております。サービスに関しては、まずお問合せの上、ご相談ください。
「ka-Map + Edition」のデモサイトは弊社ホームページ (リンク)よりご覧頂く事が出来ます。
なお、商品はMAPSHOP㈱(リンク)でも販売を予定しており、商品のサポートにつきましては オープンソースGISコミュニティサイト(リンク)で近日公開予定です。

このプレスリリースの付帯情報

「Nez」を利用したデモサイト

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事