logo

Web2.0時代のコア技術「Ajax」採用のIT日報 「顧客創造日報」シリーズ大幅バージョンアップ

9月20日よりリリース

経営コンサルティングの株式会社NIコンサルティング(本社:東京都港区、社長:長尾一洋)は、主力パッケージ製品である「顧客創造日報」を中心とした日報製品の大幅なバージョンアップを行ない、2006年9月20日よりリリースすることを発表します。

お客様のご要望にスピーディーに対応すべく定期的なマイナーバージョンアップを行なっている「顧客創造日報」シリーズですが、今回は、特に要望の多かった「顧客創造日報」の製品改訂に対し、ユーザーの操作性、及びシステムのレスポンスを高めるために大幅なバージョンアップを行ないました。

今回のバージョンアップにおいては、Web2.0のコア技術である「Ajax(※)」を積極的に採用することで、ネットワーク経由でのデータのやり取り(負荷)を少なくし、操作性を高めることが可能となりました。コメント入力や案件PICKUPなどの使用頻度の高いパーツにおいては、入力画面が常に画面中央に表示され、レスポンスが速くなるなど、ユーザーのストレスが軽減されるよう配慮しています。

また、画面カラー選択機能では、各ユーザー個人の好みに合わせて7色(クールブルー、アクティブレッド、コラボレーショングリーン、ウォームハートオレンジ、ハーモニーグリーン、アートラベンダー、シャイニングスター)の中から、お好きな色を選択することが可能となりました。選択した色については、いつでも変更が可能となっています。

標準装備の携帯・PDAでの入力画面についても見直しを行ないました。これまでよりも入力画面が見やすく、入力項目も大幅に増えたことで、外出先からのモバイルでの日報入力だけで日々の日報提出を完了させることができます。

NIコンサルティングは、1991年から紙の営業日報を使った営業指導をスタートし、1998年からはIT技術を活用した営業支援システム(SFA・CRM=IT化日報)によって営業革新を実現する事業を行なっております。1998年以降、弊社SFA・CRMシステムを導入した企業は累計で1400社を超え、日報型SFA導入企業数では、日本一となっております。


◆顧客創造日報バージョンアップの主な内容◆
1.案件管理機能の拡充
進捗管理表示の実装など、案件型営業のポイントである先行管理機能を拡充しました。

2.売上管理機能の追加
従来の受注までの管理から売上(納品・検収)管理まで可能としました。

3.リスト表示(ビューの自由設定機能)の追加
顧客情報などのビュー表示項目を自由に設定できる「リスト表示」機能を実装しました。
これにより、これまで紙で作成していた帳票をWEB画面で表現することが可能になります。

4.モバイル機能の拡充
携帯電話をはじめとした操作可能範囲を大幅に拡充しました。

5.閲覧性・操作性の向上
文字サイズや、ボタンの操作性を刷新し、見やすく、操作しやすくなりました。

6.経営可視化ツール「経営CompasScope」連携
日報は営業現場の情報収集ツールです。この貴重な資産を経営として活用すべく、必要な指標をグラフ化して表示させ、「可視化経営」を実現させます。

詳細につきましては、弊社ホームページ(リンク)をご覧ください。


【本件に関するお問合せ先】
■株式会社NIコンサルティング 
リレーション推進室
TEL.03-5730-4580 FAX.03-5730-4581

用語解説

※Ajax(Asynchronous JavaScript+XML)とは、JavaScript の組み込みクラスである XML Http Request の非同期通信を利用して、Webブラウザ上で既存の枠組みにとらわれないインタフェースを実現するための技術のことです。
※SFA(Sales Force Automation):営業支援システム
※CRM(Customer Relationship Management):顧客維持管理システム

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事