お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

i5/OS(R)対応PHPソリューションの国内展開を開始 - Zend Products for i5/OSの日本語版を提供 -

[共同] ゼンド・ジャパン株式会社 日本アイ・ビー・エム株式会社
2006/08/17 11:00

ゼンド・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木義幸、以下ゼンド社)は、Webアプリケーション開発のための簡易開発言語であるPHPの、エンタープライズ市場に向けた取り組みの一環として、日本IBM(社長:大歳卓麻、NYSE:IBM)の協力のもと、IBM(R)の統合ビジネスサーバー「IBM System i5(TM)」のOSであるi5/OSで稼動するPHPソリューション「Zend Products for i5/OS」日本語版製品群を発表するとともに、「Zend Studio for i5/OS」および「Zend Core for i5/OS」日本語版の提供を、8月末日より開始します。価格は「Zend Studio i5/OS」日本語版74,000円(税込、ソフトウェア、ならびに初年度分サポート料金を含む)、「Zend Core for i5/OS」日本語版は最低価格 184,000円(税込、ソフトウェアのみ、年間サポート料金別)からです。

PHP(Hypertext Preprocesser)は、掲示板、ブログからeコマースサイトなどに代表される動的Webアプリケーションを作るための、オープンソースで提供される、Webサイト内に記述する形式のスクリプト言語です。PHPは特定の機能を一般ユーザーが簡単に作業できるように用意されている簡易言語で、展開が容易なため、動的Webアプリケーションのための技術の中では、今日最も急成長しています。ネットクラフトの調査によれば、全世界のサイトの24%以上、かつ現在900万以上のドメインで利用され、過去2年間毎月の平均伸び率は6.5%を記録しています。またWeb上の一般的なApache Webサーバーのうち、36%以上がPHPを利用しています。

ゼンド社はすでに、Webアプリケーションの効率的な開発ツールである「Zend Core for IBM」ならびに「Zend Studio」などのPHPソリューションを、UNIX(R)/Linux(R)およびWindows(R)の日本語環境で提供しています。本日発表の「Zend Products for i5/OS」の展開により、IBM System iをお使いの企業が多い中堅・中小規模のお客様を中心に、オープンソースでの統合Webアプリケーション構築環境を長期的に提供します。

従来、System iをお使いのお客様が、企業のWebフォーラム、WikiやブログなどのWebアプリケーションを構築するためには、数ヶ月の工数が必要でした。「Zend Products for i5/OS」を導入することにより、RPGで構築したお客様の資産を活かしつつ、Webアプリケーションをより容易に構築できます。既に公開されているPHPコンポーネントがSystem i上で利用できるため、上記のようなWebアプリケーションを約1ヶ月以下の短期間で導入できる上、PHPコンポーネントを利用せず独自で開発する場合に比べ、約5割の開発コストの削減を実現します。

ゼンド社は日本IBMの協力で「Zend Products for i5/OS」の日本語版の検証・開発を実施しました。日本IBMは昨年2月に発表した「System iイノベーション宣言」にもとづき下記支援を実施、約1ヶ月の短期間で検証・開発を終了しました。
・日本IBM System i、i5/OSテクニカルチームによるオンサイト支援
・IBM System i PHPプロジェクトチームによる情報提供、問題解析等支援

「Zend Products for i5/OS」日本語版は、ゼンド社ならびにIBM System iパートナーを通じて、お客様へ提供します。またゼンド社による有償サポートサービス、インターネットを通じて技術情報やソフトウェアのアップデートを提供するサービス「Zend Network」を、日本でも提供予定です。

本日発表の「Zend Products for i5/OS」日本語版は、以下の製品で構成されます。

・「Zend Core for i5/OS」(2006年8月末提供開始)
オープンソースのPHP言語の強化版です。i5/OS V5R4と、IBM DB2R UDB?への対応に必要なすべてのドライバとサードパーティライブラリをバンドルしており、シームレスで画期的な環境を提供します。

・「Zend Studio for i5/OS」(2006年8月末提供開始)
PHPアプリケーションのライフサイクル全体において必要とされる全ての開発コンポーネントを含んだ統合開発環境です。

・「Zend Guard for i5/OS」(2006年12月提供開始予定)
PHPコードの暗号化および中間コード化を行います。PHPアプリケーション開発やサイト運用で、企業が最も危惧する知的財産の侵害や外部のアタックから最高レベルのセキュリティで保護します。

・「Zend Platform for i5/OS」(2006年10月提供開始予定)
企業が業務ベースで利用することを想定し、標準のPHP環境を強化および拡張するプロダクトです。PHP環境の管理コストを大幅に抑えながら、問題解決・高速化・効率的なJava連携を実現します。

以上

IBM、System i、i5/OS、IBM DB2 UDBは、IBM Corporationの商標または登録商標。
UNIXは、The OpenGroupの米国内外における登録商標。
Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標。
Windowsは、Microsoft Corporationの登録商標。
その他記載された会社名および製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。

<ホームページ>
ゼンド・ジャパン:リンク
日本IBM:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。