お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

網屋、サーバアクセスログ監査ツール 『ALogコンバータ -ver2.0- 』を出荷開始

http://www.amiya.co.jp/service/ALog/

株式会社網屋
2006/07/31 12:00

さらに使いやすく、アクセスログ管理の作業負担を軽減します!

  株式会社網屋(所在地:東京都中央区日本橋、代表取締役:伊藤整一、
  以下:網屋)は、サーバアクセスログ収集ツール『ALogコンバータ』の
  バージョンアップ版、Ver2.0を2006年8月2日より、出荷開始致します。

  「ALogコンバータ」は、J-SOX法や個人情報保護法等のセキュリティ監査
  項目に必須とされるサーバアクセスログの管理を強力にサポートする
  ツールとして、主にファイルサーバへのアクセスログと、ドメインコン
  トローラサーバへのログオンログの収集/管理を行うことができる
  「サーバアクセスログ監査ツール」です。

  このたび、2006年8月2日より
   ・ ALogコンバータ for Windows
   ・ ALogコンバータ for NetApp
   ・ ALogコンバータ for EMC
  の3製品において『version2.0』をリリース致します。

  主な変更内容としては、

  (1)アクセスログ検索システムの機能追加
   ⇒アクセスログ検索システムのversionも2.0にバージョンアップしました。
   Ver2.0では、検索する権限を持つユーザ毎にログを検索できる範囲を制限
   できるようになりました。
  (例:大阪のサーバ群は、大阪の管理者のみがアクセスログを閲覧できる)

  (2)完全エージェントレス機能
   ⇒従来のALogコンバータVer1.0では、ファイルサーバ側に簡単なスクリプト
   ファイルを置く運用でしたが、Ver2.0では完全にエージェントレスでの運用
   が可能となり、ファイルサーバのイベントログをWMIを利用して収集すること
   ができるようになりました。(for Windowsのみ)

  (3)ログ収集の処理効率向上
   ⇒従来のALogコンバータVer1.0では、ファイルサーバOSのイベントログを
   すべてALogサーバへ取り込んでからアクセスログに変換処理を行っていま
   したが、Ver2.0ではファイルサーバ側で差分を判別して、新規増分のみの
   ログをALogサーバへ送る仕組みになったことで、ログ収集の処理効率が
   大幅に向上しました。

  『ALogコンバータ』は、既に大手金融機関を始めとして発売後約1年間で
   70社以上の販売・導入を行っており、姉妹製品の『bv-Control』を合算する
   と、併せて350社以上の導入実績を誇る製品です。

  価格は、for Windows サーバ5台/\980,000~、EMC/NetApp サーバ1台/
  \980,000~

  株式会社網屋では『ALogコンバータ Ver 2.0』の投入により、2007年3月期
  までに同製品の新規出荷200社を予定しています。


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社網屋 情報セキュリティグループ
担当  :石田/作間
TEL   :03-3552-1331(代表)
E-mail :bv-sales@amiya.co.jp (営業に関するお問い合わせ)
     bv-support@amiya.co.jp(技術に関するお問い合わせ)

■株式会社網屋
本社住所:〒104-0033 東京都中央区新川1-10-14 
           ニューリバービルディング 5階
設立  :1996年12月
資本金 :2億1,070万円
URL   :リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。