logo

ベライゾン社が先進の光通信ネットワークにテラブス製品を採用

キャリア向け通信機器世界大手のテラブス(Tellabs International Inc,  本社:米国イリノイ州  社長兼CEO:Krish A. Prabhu, NASDAQ:TLAB)は、このたび、Tellabs 7100 光伝送システムが、米国ベライゾン社のメトロネットワークのバックボーンに次世代ソリューションとして採用されたことを発表しました。ベライゾン社ではまず、同社のFTTP高速インターネット接続サービス「FiOS」におけるトリプルプレイネットワークの信頼性と効率を向上させるためにTellabs 7100システムを採用、今後コアメトロネットワークサービスのすべてを、柔軟でダイナミックなDWDM(高密度波長分割多重方式)での通信に順次統合していく計画です。

ベライゾン社は、北米でメッシュ型光ネットワークと「drop & continue」機能をコアメトロネットワークでいち早く展開している通信事業者の一社です。

今回のTellabs 7100光伝送ネットワークシステムの導入によって、映像、音声、データの各ネットワークがより簡素化され、通信コストの大幅な削減、VOD(ビデオオンデマンド)など変化する顧客ニーズへの速やかな対応を実現します。具体的には、波長選択スイッチ(WSS)を介した純粋な光スイッチング、ROADM、Ethernetスイッチング、次世代SONET/SDH ADM、DWDMを単一の1つのプラットフォームに統合します。また、ネットワーク構成要素ならびに装置間の相互接続を減らすことができるため、運用コストを削減することができます。

Tellabs 7100システムは、最先端の映像、音声、データサービスを家庭や企業に届けるTellabs DynamicHome ソリューションの一部です。

<ベライゾン社・エンジニアリングおよび技術担当上級副社長、Paul Lacouture(ポール・ラクチュール)氏のコメント>
テラブスは、ネットワーク構成要素の数を大幅に減らし、ネットワーク構築と顧客サービスのプロビジョニング作業を簡素化し、統合コスト(TCO)を引き下げるという当社の要件を満足する次世代の光通信プラットフォームを開発してくれました。

<当社社長兼CEO、Krish Prabhu(クリシュ・プラブ)のコメント>
ベライゾンとテラブスは共に、ブロードバンド配信に最適化された先進の光通信ネットワークの将来像をまさに示そうとしています。ベライゾンがテラブスを選択したことで、両社の20年以上にわたる関係はさらに続いていくでしょう。

以上

【テラブスについて】
米国イリノイ州に本社を置くテラブス(Tellabs International Inc, 社長兼CEO: Krish A. Prabhu、NASDAQ:TLAB)は、世界中のサービスプロバイダー向けに、高度化するユーザーのニーズに応える通信ネットワークの構築をサポートしています。当社のブロードバンドソリューションは、有線・無線を問わず、音声・映像そしてデータ通信のための高品質なサービスを提供します。
当社は、米「BusinessWeek」誌が選ぶIT関連企業を対象にした「InfoTech 100」にランクインしており、NASDAQ100インデックスならびにS&P500インデックスに登録されています。
本社ウェブサイト:www.tellabs.com

【テラブス ジャパン Inc.について】
日本では1996年にオフィスを開設、NTTコミュニケーションズ様などに当社の製品・ソリューションを提供しております。
テラブス ジャパン Inc.
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-3-17 虎ノ門2丁目タワー8階
Phone:03-3595-7400(代表)  Fax:03-3595-7401  
E-mail:japan.contact@tellabs.com

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社トレイントラックス(テラブス ジャパンPR代理店)
担当:伊藤、ヤワジ、中村  TEL:03-5738-4177  FAX:03-5738-4178  
E-mail:ito@traintracks.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事