お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windows Mobile 5.0デバイスに対応した超小型シンクライアント端末 『miniClient』を発表

~ 最新の“W-ZERO3”やPDAまでもがデスクトップ環境で操作可能に! ~

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社
2006/07/04 15:45

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:望月 成浩)は、世界最小/最軽量※1で持ち運びにも便利なシンクライアント端末『miniClient(ミニクライアント) 型番:MC-240』を2006年9月より発売いたします。価格は未定です。

 『miniClient』は8.3×5.8×2.4cmの超小型ボディでありながら、アナログディスプレイ出力、USB1.1ポートを2ポート装備しており、LAN経由でホスト端末にアクセスすることでセキュアなシンクライアント環境が構築できます。また、サーバーやデスクトップPC用のシンクライアント端末としてはもちろんのこと、Windows Mobile 5.0デバイスとも接続可能※2なため、㈱ウィルコムが販売する“W-ZERO3”やPDAをデスクトップPCの感覚で快適に利用することができます。

【特徴】
●PC、サーバーなどに接続し、超小型シンクライアント端末として利用可能
●Windows Mobile 5.0TM端末等に、ディスプレイ/キーボード/マウスを接続可能
●有線LANまたは無線LAN(対応予定)経由で接続可能
●拡張可能なUSB1.1ホストを2ポート搭載
●Linux OSを搭載しており、高速起動
●高機能・低電力消費のARMコアプロセッサ搭載
※1:2006年7月現在、当社の調査に基づきます。
※2:接続には別途機器が必要になる場合がございます。

【仕様】
型番: MC-240
プロセッサ: EP9307(Cirrus Logic社製)
CPUコア: ARM920T(200MHz)
SDRAM: 64MB
フラッシュメモリ: 8MB
Ethernet: 10BASE-T/100BASE-TX
USB: 1.1 Full Speed(12Mbps) 2チャンネル Type Aコネクタ
画面出力: コネクタ形状:D-sub15ピン(ミニ)、最大解像度 1024×768
基板サイズ: 75.0 × 50.0 mm
ケースサイズ: W83.0 × H58.0 × D24.0 mm
本体重量: 約70g
入力電源: DC5Vの外部電源
標準OS: Linux(カーネル2.6.x)
標準アプリケーション: Direct VNC
WM5.0用アプリケーション: Mobile VNC Server

<本ニュースリリースに関するお問い合わせ先>
アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社
〒243-0432 神奈川県海老名市中央2-9-50 海老名プライムタワー12F
広報担当:依田(よだ) 電話046-234-9200 E-Mail:press@ibsjapan.co.jp
<登録商標> 会社名、製品名はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。