logo

3Dモデルデータから立体模型!DXFファイル機能追加でCG系サポートを充実! 【Wizaray-R Ver1.0.2】

立体模型作成支援ソフトウエア「Wizaray-R」ウィザレイがバージョンアップ。

中部日本工業株式会社 2006年04月19日 17時00分

「Wizaray-R Ver1.0.2」は、3次元モデルデータから立体模型を作成するためのソフト。モデルデータを読み込み、そのモデルの積層模型の設計図を自動作成する。新バージョンではDXFファイルの入出力機能により多彩なCGやCADとリンク。プリンタによる型紙印刷とリアルビューによる組み立てシミュレーション機能。型紙データのDXF出力により各種加工機の制御も可能。20,790円。

Wizaray-Rは3Dモデルデータを読み込み、そのモデルの積層模型の設計図を自動作成して、それを「型紙」としてプリントアウトします。出力された型紙を好みの素材に貼り付け、型紙の指示に沿って素材をカット、組立てを行うだけで簡単に立体模型を作成でき、光造形や3次元積層造形の知識がなくても容易に造形を楽しむことができます。
ディスプレイ画面には、多彩なビュー機能によりバーチャルに素材を表示し、型紙に記載された組立て情報を利用して造形物を構築する図解を表示することにより立体模型の作成を支援することができます。

型紙の印刷は専用のプリンタ機器を必要とせず、一般の汎用プリンタが使えることとOSはWindowsXP/2000で運用できるためパソコンは豊富な種類から選択できるのも魅力です。操作性は入門者、初心者層をターゲットに「より安く、より簡単に」をコンセプトに開発されており、大きなメニューアイコンとリアルビュー機能で非常に使い勝手が良くなっています。

STLファイル、3Dソフト「メタセコイア※3」「フリーWin版六角大王※4」のネイティブファイル形式の読み込みにも対応しています。Wizaray-Rをお使いになれば、スチロール板、段ボール、木板など自由な素材による安価で手軽な積層造形物を製作できることから、学校教育やデザイン分野をはじめフィギュア造形での利用が期待されます。

※2「Wizaray(ウィザレイ)」好評を得ている卓上型造形装置シリーズの名称です。
※3:メタセコイア(Metasequoia)は、O.Mizno氏が著作権を所有するソフトウェアです。
※4:フリー版六角大王は古島終作氏と森田利広氏が著作権を所有するソフトウェアです。

■中部日本工業株式会社概要
本社 名古屋市南区。創業昭和24年。主な業務は、プラスチック金型の設計・製作、光造形システムの販売・保守。
詳細:リンク

■本体希望小売価格
本体価格 ¥20,790(税込)

■主な機能
・入力ファイル形式 :wzr,(3D)dxf,stl,mqo*,rok*
(*mqo=メタセコイア形式)
(*rok=フリー版六角大王形式)
・出力ファイル形式 :wzr,dxf
・型紙印刷サイズ:プリンタ機能に準拠
・メモリ:256MB以上
・ディスプレイ:1024 X 768以上
・ビデオカード:32Bit OpenGL対応
・等高線スライス間隔:0.1mm~99.9mm
・積層ガイダンス:リアルビュー表示
・読込みデータの再編集機能
・型紙(組立て)情報の自動生成
・メディア:CD (オリジナル木製ケース付き)

■Wizarayについて
Wizarayという商品名は、“Wizard”(魔法使い)と“ray”(光線)を併せた造語です。
コンセプトは、とにかく容易であること。
例えば、オフィスや家庭のパソコンの隣りにあるプリンタからドキュメントデータを出力するように、Wizarayから3Dモデルを出力するのです。
ユーザーは、従来の造形装置にあるパラメータ設定などの煩わしさを意識することなく、造形の知識がなくともモデルが造形できるのです。プリンタの原理や構造など全く意識せず、年賀状を印刷するように。

■お客様お問い合わせ先
中部日本工業株式会社 商品開発室
電話052-611-5667
FAX052-612-8372
ホームページ リンク
E-Mail office@chubu3d.com

用語解説

 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事