お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ウイングアーク、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」の集計機能を飛躍的に向上させる「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」出荷

集計・レポーティングの領域を拡げ比較・分析へ。 使い慣れたExcel操作で複数の集計結果から多面的な分析を実現

 Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、このたび多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA(ドクター・サム・イーエー、EA=Extended Architecture)」の機能を集計・レポーティングから比較・分析にまで拡張するサーバ/クライアントソフト「Dr.Sum EA Datalizer for Excel(ドクター・サム・イーエー・データライザ・フォー・エクセル)」を開発し、3月22日より出荷を開始することになりましたので、お知らせいたします。

「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」は、Excelクライアントで複数の集計を同時実行でき多彩な分析を実現する「Dr.Sum EA」専用のサーバ/クライアント製品で、標準価格(税別)は50万円、ウイングアーク テクノロジーズのビジネスパートナーを通じて、「Dr.Sum EA」ユーザーを中心に販売いたします。

「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」は、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」で集計した複数の結果を、使い慣れたエクセルの操作画面で比較しながら自由な角度で集計分析できる環境を提供いたします。「Dr.Sum EA」エンジンからSOAPを利用したXML形式のデータで集計結果が受け渡しされ、複数のシートへの集計結果の表示が可能になりました。集計結果はシート毎の表示だけでなく、1シートに複数の集計結果を表示でき、集計・レポーティングを超えて多面的なデータの比較・分析が出来るようになりました。店舗別、部門別、担当者別、製品別など複数の角度から集計がおこなえ、業務現場の担当者から経営者層まで、蓄積された企業データを活用し、多様化するビジネスに柔軟に対応できるデータ分析が実現できます。

操作面では、Excel操作画面に常時「項目・条件ウインドウ」を表示させることで直感的な操作が行え、集計項目の追加・表示、複雑な検索条件の設定がダイレクトに行うことができ操作性が大幅に向上しました。ドリルダウンの前と後のデータや、集計項目の異なるデータなど、業務に必要な複数の集計結果を同時に表示させ比較することができます。他には、一度に複数の条件を設定して検索をかけたり、条件に文字を設定して、その文字を含んだデータの集計、数値の大きいものから並べてランキングを見ることも簡単に行なえ、思いのままに直感的にデータの比較・分析を行うことができます。

また運用・管理面では、Webページから新版のインストレーション/バージョンアップができ配布の手間を省くだけでなく、管理者用のWeb画面からリモートでアップデートの状況を確認したり、「設計画面表示」、「集計・検索の実行のみ」、「集計・検索結果の配布のみ」といったアクセス制御が可能で、管理者の負担を大幅に軽減します。

「Dr.Sum EA」製品群に「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」が加わったことにより、集計・レポーティングから比較・分析まで機能拡張されることになり、既存のユーザーに使いやすさを提供するとともに、比較・分析に重点を置いたユーザーの取り込みが可能となることから、ユーザーの拡大に弾みがつくものと期待しています。


<稼働環境>
■サーバ環境
OS:Microsoft(R) Windows(R) 2000(Server、Advanced Server)
Microsoft(R) Windows(R) Server 2003 (Standard、Enterprise)
Microsoft(R) Windows(R) Server 2003 R2(Standard、Enterprise)
Java環境:JDK5.0 Update6 以上
必要なソフトウエア:Dr.SumEA 2.3以降

■クライアント環境
OS:Microsoft(R) Windows(R) 2000 Professional
Microsoft(R) Windows(R) XP Professional
Microsoft(R) .Net Framework 1.1 SP1
必要なソフトウエア:Microsoft(R) Office Professional Edition 2003
※詳細は、ウイングアーク テクノロジーズまでお問い合わせ下さい。

【補足】
[Dr.SumEAについて]
Dr.SumEA データ活用ソリューションは、ITを経営や業務の現場に役立てるために、動的多次元高速集計検索エンジンDr.SumEAをコアに、企業に蓄積されるデータを自在に集計・加工して、利用者に応じて一貫したデータ活用を実現する環境を提供しています。
 Dr.SumEAは、サーバソフトウエアとクライアント(利用者)PC用のExcelインターフェイス(無償Excelアドインモジュール)で構成され、サーバソフトウエアは、大容量データを蓄積したデータベースからユーザが指定した角度でデータを切り出して動的にキューブ(多次元データベース)を生成します。利用者は、使い慣れたExcelを操作する延長線上で、ドリルダウンやドリルスルーなどの機能を使ってサーバで集計されたデータをExcelのシートに表示し、さらに集計し分析することができます。

[Form & Dataのウイングアークテクノロジーズについて]
帳票・レポート・ドキュメントの分野で、システムの「データ」と業務用途に合わせた「フォーム」を使い、より見やすくわかりやすい形にする技術、それが「フォーム&データ」です。ウイングアークテクノロジーズは、企業の情報システム部門や大手SI企業が取り組む業務アプリケーション開発の効率化を目指し、お客様の要件に合わせてソフトウエア部品を繋ぐ・組み合わせることで、システム開発の現場に効率と運用負荷の軽減をはかり、業務の現場に生産性の向上と業務改善をもたらす価値あるソフトウエアを提供しています。

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:51億円(2005年2月期)
従業員数:140名(2005年10月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<<製品に関するお問合せ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL:03-5766-2833  FAX:03-5766-2835  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。