お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アイログ、最適化エンジン「ILOG CPLEX 10」を発表

詳細なプランニングとスケジューリングを支援する業界初の機能搭載、OPL Development Studioの最新版も同時発表

ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ株式会社 (本社:東京都千代田区 代表取締役社長:ブンタラ・イング 以下 アイログ)は、同社が国内トップシェアを誇る最適化ソフトウェアの最新版「ILOG CPLEX(R) 10」(以下、ILOG CPLEX 10)の提供を本日より開始すると発表しました。ILOG CPLEX 10は、企業が直面する最適化における難解な問題を解決できるよう、デバッグ・ツール「Conflict Refiner」や、解の選択肢を提供する「Solution Polishing」といった業界で初となる各種新機能を備えています。従来機能も強化され、複雑な問題解決のパフォーマンスが35パーセントから70パーセント向上しました。これによりユーザは、what-if分析やシナリオ比較に多くの時間を割くことができるようになり、複雑なプランニングやスケジュール作成を高速かつ高精度に処理したいという市場のニーズに応えます。

今回アイログは、最適化モデルを設計および展開するための統合開発環境(IDE)の最新版「ILOG OPL Development Studio(TM) 4.2」(以下、OPL Development Studio)も同時に発表しました。同製品はILOG CPLEX 10をサポートするための機能を強化したことに加え、Conflict Refinerとの連携機能を装備し、数理モデルのデバッグ作業を容易にしました。

<ILOG CPLEX 10の新機能>
●Conflict Refiner
あらゆる数理最適化モデルの不正確さを即座に発見するために初めて開発された世界唯一のデバッグ専用ツールです。極めて複雑な混合整数計画(MIP)などのモデルでは、従来こうした実行が不可能なモデルの存在が問題解決の大きな妨げとなっていました。Conflict Refinerを利用することにより、最適化モデルにおける誤りを迅速に特定し、モデルの変更から解決までを短時間で行えるようになります。

●Solution Polishing
Solution Polishingは、遺伝学における自然淘汰の考えに基づいた革新的なアルゴリズムであり、解の最善、次善など、可能な範囲内の選択肢を作成します。膨大なデータや何千もの制約条件を満たす解を必要とする業務上の問題においては、難解な数理モデルの解析が不可欠です。Solution Polishingは、複雑なプランニングやスケジューリングにおいて、今まで以上に迅速かつ正確な解を得られるよう支援します。

ILOG CPLEX 10はパフォーマンスを向上することで、平均して問題解決時間を半減したことが大きな特長です。一例としては、サプライチェーンのプランニングなどで効果を発揮し、ユーザ企業の収益改善に貢献すると期待されています。生産計画と配送計画を購買者の需要に合わせ、かつ利益を喪失しないよう過剰生産も防止するなど複雑な問題解決を行おうとすると、20通りのシナリオを用いた場合、通常約10時間かかるところを、ILOG CPLEX 10は2時間で解決することができます。企業はより多くのシナリオをより短時間で作成する能力を備えることで、あらゆる角度からの評価が出来るだけでなく計画の精度も上がり、利益創出の機会を増やすことが期待できます。

ILOG CPLEXの活用領域には、ワークフォースマネージメント、フライトスケジューリング、クルースケジューリング、生産計画、サプライチェーン、製造サイクルスケジュール、在庫管理、配送スケジューリングなどがあります。またこうした製造業界や運送業界におけるプランニングやスケジューリングにおける問題のほかにも、投資ポートフォリオ管理、部品調達と資材調達、利益管理、資産管理、通信ネットワーク帯域幅割当などにも利用されています。

アイログの最適化製品について
Global 500のうち160社を含む、1000社を超える企業がアイログの最適化ツール、最適化エンジン、最適化アプリケーションを利用しており、世界で最も難しいとされるプランニングやスケジューリングにおける課題を解決しています。運輸およびロジスティクスの分野では[g1]APL、BNSF、Logistics、Maersk、Schneider、SNCF、United Airlines、米国郵便庁 (USPS)、UPSなど、製造分野では新日本製鐵、三菱化学、日産、Airbus、Coors、Dell、Hansol Paper、Michelin、Porsche、Saint Gobain、Thyssen Kruppなどの企業が同製品を活用しています。 また、Infor、Manhattan Associates、Manugistics、Oracle、Red Prairie、SAP、SSA Globalといったサプライチェーン管理ソフトウェアの主要ベンダが採用しています。さらに、世界中の1000を越える大学の研究プログラムにおいても利用されており、アイログの最適化製品はそのパフォーマンスとソリューションとしての品質から、オペレーションズ・リサーチ業界から基準的製品として認められています。

以上

アイログ(ILOG(R))株式会社について
アイログ株式会社はアイログ社の日本法人です。アイログ社は、ソフトウェア・コンポーネント・プロバイダとして1987年に仏パリに設立されました。現在は、仏パリと米カリフォルニアの2本社制を採用し、全世界に約700名の社員を有しています。アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で2,500社を超える企業や465社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリードするアイログの最適化エンジンCPLEX、BRMS(ビジネス・ルール管理システム)、視覚化の各コンポーネントの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログは最適化製品の市場リーダーです。詳細についてはwww.ilog.co.jpをご覧ください。

ILOGは ILOG 社の登録商標です。ILOGとCPLEXはILOG社の登録商標です。他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。