お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ワイヤレスIP電話機「WirelessIP5000」の販売で 日立インフォメーションテクノロジーと代理店契約を締結

日立電線株式会社はこのたび、株式会社日立インフォメーションテクノロジー (本社:東京都品川区、取締役社長:加藤正男 以下、「日立IT」といいます。)と、ワイヤレスIP電話機「WirelessIP5000」の販売において代理店契約を締結いたしました。この提携により、日立グループの広範な販売チャネルを活用しWirelessIP5000の国内販売網をより一層強化してまいります。

 当社のWirelessIP5000は、VoIP(Voice over Internet Protocol)の通信プロトコルとして日本国内で標準となりつつあるSIP(Session Initiation Protocol)に対応したワイヤレスIP電話機です。特定のSIPサーバーのみではなく、複数社のSIPサーバーと接続が可能なオープン性を有しており、このたび、日立ITのIPテレフォニーサーバー「SIP:OFFICE」との相互接続試験をおこない、その動作を確認いたしました。これにともない当社は、WirelessIP5000の販売において日立ITと代理店契約を締結いたしました。
 現在、日立グループでは、IP電話などの通信システムとグループウェアなどの情報システムを融合させ、従来の電話機能の継承はもちろん、企業におけるオフィスコミュニケーション環境の整備と、業務の効率化や生産性向上を実現するIPテレフォニーソリューション「CommuniMax」を提供しております。このCommuniMaxに、最新のIP-PBXシステムにもフレキシブルに対応するWirelessIP5000を、ユビキタス機能を強化したSIP:OFFICEとともに加えることで、音声通信のIP化をビジネスに最適な形で実現し、社内外のコミュニケーション効率を高めたソリューションを提供することが可能になります。

 今後とも当社では、パートナー各社との協業を強固にすることで、SIP対応ワイヤレスIP電話機市場における「WirelessIP5000」のシェア拡大を図ってまいります。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。