logo

エニーユーザー、ジー・エフと戦略的提携を強化 GF-AnyTellを本格的に販売開始 - 全国に「通信コスト削減相談センター」を開設 -

全国中小企業向けにジー・エフブランドの法人向けIP電話サービスGF-AnyTellを拡販

今後のオールIP化の流れの中、大企業に比べ中小企業のIP電話サービスの導入が遅れている。GF-AnyTellは、従来の電話番号を利用でき、かつ拠点間通話が無料、FAXにも対応しており、設置が簡単なので中小企業に導入しやすいIP電話サービスである。地域に根ざしたジー・エフの販売網と通信事業者であるエニーユーザーのIP電話技術とノウハウを提供することで、全国の中小企業のIP電話サービスの導入を支援する。

エニーユーザー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮町 秀恒、以下エニーユーザー)は、株式会社ジー・エフ(東証マザーズ3751本社:東京都文京区、代表取締役社長:仲吉昭治、以下GF)とGFの全国の各地域の販売網を活用し、法人向けIP電話サービスGF-AnyTellを全国の中小企業向けに本格的に販売していくことを発表いたします。GF-AnyTellはエニーユーザーのIP電話AnyTellをOEMし、GFブランドで提供するIP電話サービスです。通信インフラはエニーユーザーが提供し、営業および課金をGFが行っています。

GF-AnyTellは、

1)従来と電話のかけ方が同じでかつ同じ電話番号が使える
2)拠点間の通話料金が0円
3)FAXに対応
4)通話料金が安い(全国一律3分間7.5円)
5)従来の電話関連機器をそのまま活用でき、導入が簡単

という特長が評価され、中小規模の企業での導入が進んでいます。

現在、IP電話の導入率は従業員数2千名以上の大企業ではすでに約5割(48.9%)に達しています。注1)それに対し中小企業での導入割合は26.1%です。注2)GFとエニーユーザーは今後のIP化の流れに向けて、中小企業に不足がちなIP電話によるコスト削減効果のシミュレーションをサポートし導入ノウハウを提供することが、中小規模の企業にGF-AnyTellを拡販するためのキーポイントだと考えています。販売網としては全国に広がる地元密着型のGFの加盟店が「通信コスト削減相談センター」として一次窓口となり、GFの営業所が販売支援を行います。GFはIP電話サービスの販売強化により、通話料収入の拡大と業務内容の拡充を目指し、初年度約300社への販売を見込んでいます。

エニーユーザーの代表取締役社長宮町秀恒は「今後のオールIP化の流れにおいて、中小企業のIP化は今が商機だと強く感じています。GFの地域に根ざした販売網と、中小企業にも導入しやすいGF-AnyTellのIP電話サービス、さらに弊社の通信事業者としてのノウハウを活かせば、必ず他社に先んじて中小企業でのマーケットシェアを拡大していけると確信しています。」と述べています。

注1) 出典:総務省 情報通信局 平成16年 通信利用動向調査報告書 企業編 P.20
注2) 出典:総務省 情報通信局 平成16年 通信利用動向調査報告書 企業編 P.21 図1-37

■株式会社ジー・エフ会社概要 リンク
2004年東証マザーズ(3751)上場。全自動テレマーケティング・システムの開発・販売、および市場調査・販売促進業務代行サービスを提供しています。現在、音声認識技術を活用し、アウトバウンド(電話の発信型業務)からインバウンド(電話の受信型業務)市場へ業務を拡大しつつ、「電話応答ASP」サービスや自社ブランドのIP電話サービスGF-AnyTellの提供など時流に沿ったビジネスを展開しています。

■エニーユーザー株式会社概要 リンク
エニーユーザーはIP電話サービスを提供する通信事業者です。VoIPの最新技術と法人向けIP電話サービスAnyTellの提供で培ったノウハウをもとに新たに一般消費者をターゲットとしたパソコン向けのモバイルIP電話サービス「アィムフォン(ImPhone)」を開発しました。現在IP関連の特許を5つ申請しています。米国Quintam社の国内代理店です。

<本件に関するお問い合わせ先>
エニーユーザー株式会社
マーケティング部 渡辺
E-mail:watanabe@anyuser.co.jp
TEL:03-5545-1781/FAX:03-5545-1782

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事