logo

たった一つの記事で5000億円ものお金を集めた!?「新聞の読み方~日経新聞活用編~」CDを販売開始

たった140円の投資が1億円に変わるとしたら?新聞には読み方があるのをご存知でしたか?

株式会社ライブドア(代表取締役 熊谷史人 執行役員社長 平松庚三 東京都港区 証券コード4753)が発足した組織で、インターネットビジネス関連のセミナーや通信講座の情報発信を行うライブドア大学は「あなたの新聞の読み方は間違っている」CDの販売を開始いたします。

報道関係者各位
平成18年2月15日
ライブドア大学
株式会社ライブドア
=================================================================

 たった一つの記事で5000億円ものお金を集めた!?
        「新聞の読み方~日経新聞活用編~」CDを販売開始

 ~たった140円の投資が1億円に変わるとしたら?
              新聞には読み方があるのをご存知でしたか?~

================================================================

■概要
株式会社ライブドア(代表取締役 熊谷史人 執行役員社長 平松庚三 東京都
港区 証券コード4753)が発足した組織で、インターネットビジネス関連のセ
ミナーや通信講座の情報発信を行うライブドア大学は「あなたの新聞の読み方
は間違っている」CDの販売を開始いたします。

詳細ページ:
リンク


■詳細
実は、“新聞には読み方”があります。

このことを知らない人が意外にも多いのです。

野球のルールを知らずに試合にでることはできませんし、免許を取らずに車の
運転もすることはできません。

ところが新聞となると、ほとんどの人が読み方を知らずに読んでいるのが現状
です。

もしあなたが新聞の読み方を知らずに新聞を読んでいるとしたら、残念ながら
それはほとんど意味のないことです。

意味がないどころか、貴重な時間を無駄にし、生産性を下げる悪しき習慣とさ
えいえましょう。

本当の意味で新聞が読める人というのは、新聞と自分のビジネスがどのように
結びついているのかがハッキリとみえています。

一方、新聞の読めない人は、隅から隅まで目を通しているのですが、
「よし、今日も新聞を読んだぞ」ということで満足し、それで終わりです。

「新聞が読める人」は、そうでない人なら読み飛ばしてしまう、
あるいは熟読しているのに気づかないほんのちょっとした記事を見逃しません。

たった、一つの記事をヒントに、例えば
・お肉屋さんがたったの1つの記事で数百億円規模の会社に成長させるに成功
・たった一つの記事で起業後たった数ヶ月で月商1000万円の会社に成長
・毎日経済記事を活かし、アイデア生み出し、起業を順調することに成功。
 今やベンチャーキャピタルも注目の会社を起業

投資分野でも
・たった一つの記事で5000億円ものお金を集めた方
・新聞情報を活かし100万円で始めた株式投資が1年足らずで3,000万円に!
・誰も目をつけない記事が目に留まり、不動産購入で資産1億円以上をふやす
・一つの記事で不動産を売却し、バブルの影響を切り抜けた
このような例はほんの一部で、あげ始めたらきりがありません。

新聞代の140円が1億円に化けるというのはこういうことなのです。
「新聞が読める人」というのは、日常的にこれをやっているのです。

新聞を読みこなせる人と、そうでない人の違いは、実に単純です。
「読み方」を知っているかどうかの差に過ぎません。

たったそれだけのことで一生、新聞を読むことが時間の浪費になるか、
金の卵を生み出す貴重な時間になるかが分かれてしまうのです。

しかし、安心してください。
今すぐ「新聞の読み方」をマスターすればまったく遅くはありません。

このCDがあなたの読む新聞に命を吹き込んでくれるでしょう。

このプログラムを学んだ多くの方が

「毎日新聞が届くのが待ち遠しく、新聞を読むのが楽しくなった。
 そして、毎日情報感度がどんどんアップしていくことが実感できるように
 なっています。」

と喜びの声をたくさん頂いています。


■収録セミナーの特徴
・目からウロコの「新聞の読み方」が学べる
・新聞情報を活かし起業のアイデアが学べる
・情報感度をアップさせる方法が学べる
・経済記事で最も大切な指標を学べる
・新聞の読み方を有意義に変える方法が学べる


■こんな方におすすめ
・起業して新しくビジネスをはじめたい方
・新規事業を始めたい方
・株式投資での人と違う情報の取り方・活かし方を知りたい方
・不動産投資をはじめ、儲けるタイミングを知りたい方


■収録内容
・新聞の活用術とは?
・企画に役立つ新聞の読み方とは?
・起業のアイデアを磨く新聞の読み方とは?
・新規事業の立ち上げるのに必要な情報の読み方とは?
・営業で使える、マーケット欄の読み方とは?


■講師プロフィール
講 師:細矢 明信
    エヌアイイーイー総合研究所(略称:NIE.E総研) 代表取締役社長

略 歴:
新聞業界の経済記事分析の中でも、その情報の取り方、活かし方に対して圧倒
的なノウハウとテクニックを持つ重鎮がいます。
NIE.E総研の細矢氏がその人なのです。このCDプログラムでは細矢氏から直
にその知識とテクニックが学べます。

株式会社日経スタッフの教育事業リーダーを経て日経スタッフ「経済記事の読
み方公認講師」策定委員として全国に513名を認定日本経済教育交流協会・経
済記事教育研究フォーラム事務局長、経済アナリスト協会業務推進委員長、
NIEE指導委員長、全国ジャッテックスグループ専務取締役統括本部長を歴任。
現在は、株式会社NIEE総合研究所代表取締役。


■セット内容
本商品にはCDの他に次の商品も入っています。

1:国際金融市場の基礎知識と記事の読み方(日経事業出版社)

2:「新聞情報は宝の山」(60ページ)
  新聞情報で情報感度を磨くテキスト。
  CDで学ぶ前に学んでいただくとより効果的な教材です。

3:「予習CD」(約20分)
  新聞の読み方CDをより理解を深めていただくための予習CD

4:「復習CD」(約20分)
  新聞の読み方CDを学んだ後に、より効果を高めるための復習CD

※これらの非売品を本商品をご購入の方に無料進呈いたします!
 新聞情報を学ぶ前に聴いていただくとより理解が深まります。


■商品概要
タイトル:「新聞の読み方~日経新聞活用編~」

販  売:ライブドア大学
発  行:アヴァンティ株式会社
発  刊:2005年
収録時間:CD×2枚(約120分)

頒  価:9,800円(本体価格 9,333円+消費税 467円)別途送料 500円


■お申し込み方法
下記ウェブサイトよりお申し込みいただけます。
またはTEL、FAXおよびe-mailにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
-----------------------------------------------------------------
・ウェブサイト :
リンク
・E-Mail    : daigaku@livedoor.net
・TEL/FAX   : TEL:03-5770-4055(10:00-19:00) / FAX:03-3402-1035
-----------------------------------------------------------------


■この件に関するお問い合わせ
〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4056(10:00-19:00) / FAX: 03-3402-1035
担当:鈴木信也
E-mail: daigaku@livedoor.net


■ライブドア大学
リンク
設  立:2005年9月
活動内容:投資、起業、情報販売、アフィリエイトなどの
     ノウハウをセミナーや通信講座という形で提供。
     経営者、ECサイト運営者、企業内担当者、投資家、起業家、
     アフィリエイター、インフォプレナー、モバイル関連の経営者
     および担当者などの方に特に役立つ情報の充実したサービスを提供。

連 絡 先:〒106-6138
     東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
     株式会社ライブドア内
     ライブドア大学
     統括マネージャー兼企画プロデューサー 鈴木信也
     TEL: 03-5770-4056(10:00-19:00) / FAX: 03-3402-1035
     E-mail: daigaku@livedoor.net

●ライブドア大学からのお知らせ
ライブドア大学のお得な情報をメールでお届けします!!
ご希望の方は下記URLよりご登録ください。

「ライブドア大学メールマガジン登録」
  リンク


■株式会社ライブドア
リンク
主な事業所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
電話:03-5788-4753
設立:1997年8月(創立1996年4月)
資本金:86,239百万円(2005年9月現在)
連結従業員数:2,456名(2005年9月現在)
代表者:代表取締役 熊谷史人 執行役員社長 平松庚三
事業内容:インターネット関連事業

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事