logo

米国発プレスリリース: SYBASEと SAP、実用レベルのRFID ソリューションを提供

SAP AIIとの統合により、世界中の顧客に対してSybaseのRFID導入が加速

Sybase は、RFID ソリューションと SAPR AII (Auto-ID Infrastructure) との統合を発表しました。これにより、エンド ユーザは様々な RFID 機器へのアクセスが容易になるだけでなく、RFID 機器から収集したデータの管理作業が大幅に改善されます。

2006年1月23日 カリフォルニア州ダブリン発

業界先進のエンタープライズ・インテグレーション・ソフトウェア企業であるSybase, Inc. (NYSE: SY) は本日、RFID Anywhere 2.0 ソリューションが SAPの AII (Auto-ID Infrastructure) との統合を発表しました。これにより、Sybase は、包括的な Auto-ID ミドルウェア ソリューションである SAP AII との統合を実現した最初のミドルウェア プロバイダとなりました。今回の統合により、RFID データをエンタープライズ アプリケーションに直接統合することが可能となります。

この 2 つのソリューションの統合により、SAP の顧客は、自社側で収集したデータのアクセスや管理だけでなく、Sybase が対応する様々な RFID リーダー/プリンタ (EPC および ISO 規格対応を含む)、バーコード スキャナ、センサ (温度センサを含む)、PLC (programmable logic controller) を統合し、管理することが可能になります。この新しいインターフェースにより、SybaseとSAP は、世界中の両社の顧客に対して強力なデータ収集、機器管理、エンタープライズ アプリケーション スイート ソリューションを提供します。

Worldwide RFID and Mobility のパートナーである Capgemini の Mal Postings (マル・ポスティングス) 氏は、次のように述べています。「SAPのAIIとSybaseのRFIDインフラとのインターフェースを使用すれば、顧客はハードウェア規格、ベンダー、機器を柔軟に選択できるだけでなく、納入業者、購入者、小売業者が同時に関わるような分散 RFID 環境の管理が容易になるでしょう。今回のような SAP と Sybase の協力関係により、試験的な試みもエンタープライズ レベルのサプライ チェーン運用システムへと発展していくでしょう。」

Sybase の International Field Operations 担当執行副社長である Thomas Volk (トマス・フォルク) は次のように述べています。「SAP と Sybase は、これまで以上に迅速かつ容易に実装できる強固な RFID ソリューションを提供します。SAP との協力により、顧客に優れた技術とRFIDソリューションを提供できると考えています。」

RFID Anywhere とSAP Auto-ID について
RFID 技術が進化するにつれ、様々な規格やプロトコルの存在が初期導入における大きな障害となっています。RFID Anywhere 2.0 は、検証レベルに限らず、企業レベルの RFID ネットワークを構成、監視、プロビジョニングするための管理機能を備えています。また、様々なプロトコルと規格に対応し、企業が求めている包括的なロール ベースのセキュリティも提供します。SAP Auto-ID Infrastructureには、通信の自動化機能と機器 (RFIDリーダー/プリンタ、Bluetooth 対応機器、組み込みシステム、バーコードなど) 検知機能との統合に必要な機能が用意されています。また、プログラム言語による制御機能や、様々な機器の統合を可能にする Savant 技術などの制御機能も組み込まれています。

以上

●Sybase, Inc. について
米国 Sybase 社は、エンタープライズおよびモバイル・インフラストラクチャと、アプリケーション開発、統合ソフトウェアを提供する「Unwired Enterprise」を提唱し、企業内のデータを、必要な時に必要な人に最大限に価値のある情報として提供します。世界中のビジネス、金融、官公庁、ヘルスケアや防衛業務などの最もクリティカルな情報がサイベースによって運営されています。リンク

●サイベース株式会社について
サイベース株式会社は、米国 Sybase,Inc. の日本法人として1991年に東京に設立されました。Sybase 社の製品 / サービスを中心とする開発、販売、保守サービスの提供およびコンサルティング業務を主な事業内容としています。リンク

特記事項
このリリースに記載された、Sybase, Inc の将来の成長、見通し、新製品のリリースに関する記述は、様々な不確実性やリスクを含む将来予測の見解です。文中で使用されている Sybase および同社の経営に関連する「anticipate (見込み)」、「believe (思う)」、「estimate (予測)」、「expect (期待)」、「intend (意図)」、「will (予定)」、および同様の表現は、将来の予測を示すものです。このような発表は、将来の出来事に関する Sybase の現在の見解を反映することを意図するもので、結果的に不適当または不正確であると判明する場合もあります。このように、実際の出来事や結果に実質的に影響を及ぼす要因としては、顧客需要の変化、急激な技術進歩、競争要因、製品発売予定の遅延などがあります。これらの要因やその他の要因については、当社が米国
SECに提出している Form 10-K に基づく年次報告書、または Form 10-Q に基づく四半期報告書に記載されていますが、これに限定されるものではありません (当社ウェブサイトでもご覧いただけます)。

(C) Copyright 2006 Sybase, Inc.
Sybase、Sybase のロゴは、米国法人 Sybase, Inc. または日本における登録商標です。ここに記載されている社名および製品名は、各社の商標の場合があります。

ここに記載されているSAP 、SAP 製品およびサービス、SAP のロゴは、ドイツおよび数カ国におけるSAP AG の商標または登録商標です。

原文はこちらをご覧下さい。
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】

●記事に掲載する場合:
サイベース株式会社
 〒102-0094 千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル
 E-mail: sales@sybase.co.jp
 URL: リンク

●プレスの方のお問い合わせ先:
 サイベース株式会社 マーケティング本部 金光真弓(かなみつ まゆみ)
 Tel: 03-5210-6036 (直通) / Tel: 03-5210-6255 (部門代表)
 E-mail: sy_press@sybase.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。