logo

スターロジック、SeasarファウンデーションにJava製組込型ワークフローエンジンを寄贈 ~DIコンテナとの連携によってシステム開発の更なる生産性向上を実現~

株式会社スターロジック(本社:東京都江戸川区、代表取締役兼CEO:羽生 章洋、以下スターロジック)は、同社のJava製組込型ワークフローエンジン「GFlow2」を特定非営利法人Seasarファウンデーション(所在地:東京都渋谷区、代表理事:栗原 傑享、以下 Seasarファウンデーション)に寄贈、国産のオープンソースDIコンテナであるSeasar2を組み込み、オープンソースのワークフローエンジン「S2Buri」として提供を開始します。

GFlow2は業界標準であるXPDLを利用して定義されたワークフローを実行するためのソフトウェアであり、ワークステート管理という概念によって従来のワークフローエンジンに比べて非常に柔軟に他のソフトウェアや既存システムなどと組み合わせられることが大きな特徴です。

一方、Seasar2とは最近急速に開発者間で普及をはじめている国産のオープンソースDIコンテナで、これまで特別なスキルを必要としたJ2EE開発を簡単に実践できる効果があります。DIコンテナは、コンポーネント間の依存性を内部から排除し、依存関係をコンテナに任せることを目的としたコンテナです。インタフェースと実装を分離して開発する考えに基づいているため、インタフェースの開発時に実装を意識する必要はなく、カスタマイズ時の修正部分も最小限に抑えることが可能になります。Seasar2は、Seasarファウンデーションと呼ばれる非営利組織によって、そのソースコードを管理されています。

このたびGFlow2がSeasar2と連携してS2Buriとなることによって、ワークフローそのもののコンポーネント化を実現し、ワークフローとアプリケーションの依存性を排除して柔軟な仕様変更対応を実現できるようになります。またSeasarファウンデーションの豊富なプロダクト群とシームレスに連携することによって、ワークフローとSOAや分散処理などの混在を設定ファイルの記述だけで実現可能となります。さらに、すべてをオープンソース化することで、よりユーザニーズに沿った改良を促進することになります。

今後、スターロジックとSeasarファウンデーションは共同で、業務システムへのワークフロー導入に関する支援活動を実施してまいります。

・セミナーや研修の共同開催
・導入ユーザへの技術支援
これにより、利用プロジェクトが短期間でワークフローのメリットを得られることが期待できます。

以上

■ スターロジックについて
スターロジックは、2001年の設立以来オープンソースの活用を中心に、証券会社やサービス業など様々な業種向けにシステムインテグレーションを提供しています。システム構築だけでなく、事業戦略策定支援や業務分析・業務設計、技術研修・コンサルティングなども合わせたトータルなソリューションをお客様に最適な形でお届けします。
(リンク)

■ Seasarファウンデーションについて
SeasarファウンデーションはJava最先端技術による「Seasar2」などのエンタープライズ向け情報システム構築に資するエンジンやフレームワーク製品多数を、オープンソースにて開発しているコミュニティです。最近はJavaのみならずPHPおよび.NETにもその活動範囲を広げています。2005年秋に特定非営利活動法人(NPO法人、内閣府管轄)を設立しました。
リンク

※本文中の商品名は各社の商標または登録商標です。

株式会社スターロジック
東京都江戸川区西小岩1-5-10
広報担当 佐々木
TEL: 03-5693-0166 FAX: 03-3659-3860
e-mail:info@starlogic.jp

特定非営利活動法人Seasarファウンデーション
ファウンデーション事務局 担当 栗原
Tel:03-5469-8869 / Fax:03-5469-8879 (株式会社グルージェント内)
e-mail:info@seasar.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。