logo

東芝情報システムがエンサークと組込みソフトウェアのデータ管理製品販売で提携

-コンシューマ製品向けGUIツールと連携-

東芝情報システム株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:澤田 晃三、以下TJ)とエンサーク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:湯本 公、以下エンサーク)は、組込みソフトウェアのデータ管理製品の販売に関して提携したことを発表致します。

TJは、エンサークと販売代理店契約を締結し、エンサークの「ENCIRQ® Data Foundation™ Framework(以下 ENCIRQ DFF)」のライセンス販売から組込み機器への移植、サポートまで行います。

TJは、組込みシステム構築に向けたシステム・インテグレーション・サービスで利用する組込みデータ管理フレームワークとして、エンサークの「ENCIRQ DFF」を採用します。同時に、自社で販売する「Qt®/Embedded・Qtopia®」や「Macromedia® Flash™ Player」で構築される携帯電話やポータブルオーディオなどのコンシューマ製品のユーザインターフェースと「ENCIRQ DFF」を組み合わせたソリューションとしてお客様に提供します。

今、メモリやハードディスクの小型化、大容量化に伴い各種組込み機器の扱うデータは増大しております。「ENCIRQ DFF」は、このように増大するデータを扱うコンシューマ機器のデータ管理や開発工数の大幅な削減、検索時間の高速化を図ることができます。

エンサークは、TJの組込みデータ管理技術を支援するとともに、TJの持つ組込み開発ノウハウや幅広いお客様へのアピールを共同で推進し、両社の技術とサービスを組み合わせたユニークな付加価値をお客様に提供します。

「ENCIRQ DFF」は、組込み機器のデータ管理を簡素化するとともに開発コストと複雑性を軽減するためのツールです。開発者は同フレームワークを使用するとSQL(Structured Query Language)など実績ある標準的データ管理言語を利用してアプリケーションを記述できるため、アプリケーション毎に最適化されたデータ管理コードを自動生成できます。このため、インテリジェントで信頼性が高く、高性能なデバイスをリアルタイムOSやチップなど最終プラットフォームに制約されずに容易に開発できます。

データはインテグレーションを保証されたまま、各アプリケーションが要求する最適な場所に分散して格納しますのでRAM(Random Access Memory)やフラッシュメモリ、外部メモリあるいはインターネットを介してアプリケーションデータを管理できることも特長です。すでに、車載テレマティックス・システムからデジタル家電、通信機器や携帯端末などの広汎な業種で採用されています。

尚、TJは「ENCIRQ DFF」を中心とした組込み機器向けのデータ管理ビジネスで年間2億円の売上を見込みます。
以上

東芝情報システム株式会社について
東芝情報システムは、1962年の設立以来、業界で常に最先端の技術を駆使し、情報サービス分野のリーディングカンパニーとして企業および社会の多様な情報化ニーズに応えてきました。エンベデッドシステム・ソリューション、SIソリューションを中心にお客様の総合ITパートナーとしてお役に立ちたいと考えております。
特にエンベデッドシステム・ソリューショングループは携帯電話、情報家電、車載情報機器などの高度化する情報機器向けの組込みシステムにおいてシステムLSI設計、各種ドライバー、プラットフォームからアプリケーションまでの開発業務やライセンス販売サービスをご提供しております。

エンサーク株式会社について
エンサークは、組込みソフトウェア・システムに特化したデータ管理フレームワーク・ソリューションのリーディング・プロバイダである米ENCIRQ社が2004年11月に設立した100%子会社です。
PDAを使用した個人向け金融情報管理サービスを提供する会社としてスタートしたENCIRQ社は、同サービスのために開発された小型のデータ管理システム技術を、2001年に組込みソリューション向けに製品化しました。車載コンソールや携帯ハンドセット、ネットワーク機器等に適用され市場出荷された本技術は、現在では組込みに特化したデータ管理フレームワーク『ENCIRQ Data Foundation Framework』として、さらに機能を強化して提供されています。


【お問い合わせ窓口】
東芝情報システム株式会社
エンベデッドシステム営業事業部 
TEL:044-246-8320 FAX:044-246-8134
E-mail:esg_sales@tjsys.co.jp
リンク

エンサーク株式会社
広報担当
TEL: 03-5420-7166 FAX: 03-5420-7382
E-mail: marketing@encirq.co.jp
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事