お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ILOG JRulesが米国Option One社の住宅ローン貸付業務の効率化を支援

BRMSを基盤とした住宅ローン・システムの自動化により、ローン処理の時間短縮と顧客サービスの向上を実現

ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ社 (NASDAQ: ILOG; Euronext: ILO、ISIN: FR0004042364、以下アイログ) は本日、H&R Block Incの子会社である米国住宅ローン会社のOption One Mortgage Corporation社 (以下Option One) が、アイログのBRMS* (ビジネス・ルール**管理システム) 製品群の主要製品であるILOG JRules(TM)を導入し、住宅ローンの事前審査システムの構築と契約査定業務システムの自動化を実現したと発表しました。Option Oneは、ローンの審査と承認に係る時間短縮、意思決定の柔軟性向上、また規制遵守に対するリスク管理能力の改善を目的にILOG JRulesを採用しました。
*BRMS(Business Rule Management Systems ビジネス・ルール**管理システム):ルール設定・変更・操作、管理を包括的に提供することにより、企業の業務プロセスを効率化するシステム
**ビジネス・ルールとは、システム内のIF~THEN構文【もし~ならば、~をする】のことで、企業のビジネス・ポリシーのチェック項目です。例えば「もし40%以上のディスカウントが必要ならば、営業部長決裁とする」など。

住宅ローンの審査では、自社ビジネス・ポリシーと社外規制が非常に多い上、頻繁に変更が発生します。契約審査に関するビジネス・ルールが業務用ソフトウェアにハードコードされていると、ビジネスの敏捷性の鈍化、コスト増大、機会喪失を招きます。ILOG JRulesは、ビジネス・ルールを一元化するビジネス・ルール・リポジトリによりビジネス・ルールの変更時間を短縮します。また、IT部門ならびにIT部門以外の権限のある業務担当者の誰もがルール変更を行えるという柔軟性も備えています。

Option Oneは「ハイテク、ハイタッチ (high-tech, high-touch: 技術と感性)」な顧客サービス戦略の核としてILOG JRulesを採用しました。同社では、技術を一貫した質の高い顧客サービスを提供するための戦略的な差別化要素と捉えています。Option Oneは、ILOG JRulesを活用してローン申込者の事前審査に使用している現行システムのアップグレードを行いました。これにより顧客担当者が事前審査に費やす時間が削減しながらローン申込みの処理速度やローン新商品の市場展開を加速することができました。新システムは、Option Oneのパートナーである住宅ローン仲介業者が安全なウェブ・サイトから適切なローン商品を選択し、自社のローン申込者の事前審査承認を迅速に受け取れるよう支援します。住宅ローン仲介業者は、契約査定要項や価格設定について24時間いつでも正確な情報を得ることができます。このため、顧客担当者は顧客との関係構築により多くの時間を充て、トランザクション管理時間は短縮できるようになります。

Option Oneはルール・ベースの事前審査システムの成功を受け、次世代の自動契約査定システム (AUDS、Automated Underwriting Decision System)にもILOG JRulesを実装しました。Option Oneでは、莫大な時間をかけて手作業にて行われていたデータ検証や加入の適正判断、価格設定を自動化する大規模な契約査定システムの構築にもILOG JRulesを利用しています。Option Oneの自動契約査定システムの住宅ローン仲介業者への迅速な回答は信頼性が高く、彼らが顧客の立場に立って自信を持って提案できるものです。Option Oneではこの成果を社内にも応用し、融資組成のワークフロー処理の効率化を計画しています。

アイログのコンサルタントは、アイログ・レンディング・プラクティス*を応用し、Option Oneの新システム導入において中心的な役割を果たしました。専任スタッフは設計、開発、導入などにおいてOption Oneと直接作業を行いました。
*アイログ・レンディング・プラクティスは、消費者向け融資プロセスの複雑さを解消し、処理サイクルを短縮する金融機関向けソリューションです。詳しくはリンクをご覧ください。

アイログは、製品改革に対する企業姿勢を貫くことによりILOG JRulesを、業界をリードするビジネス・ルール・ソフトウェアとして確立しました。アイログは、市場調査会社米ガートナー社よりビジネス・ルール・エンジン分野のマジック・クアドラント*において、リーダー・クアドラントに位置付けられています。また、ITリサーチ会社IDCによりBRMS市場のリーダーとして2回その名前が挙げられました。ILOG JRulesは、CitiStreet、VSP、eBay、Zurich、MetLife、Sabreなど世界各国の優良企業2000社および政府機関に採用されています。
*「マジック・クアドラント」は、特定の時点や期間における市場の動向をグラフ表示したものです。ガートナー社が定める基準に従って、特定のベンダをその市場について中立な立場で評価しています。

アイログのBRMSは、eBay、Freddie Mac、Sabre、Zurich Americanなど世界各国の優良企業2000社および政府機関に採用されています。 BPM (ビジネス・プロセス・マネジメント) アプリケーションではBRMSが重要な機能を補完するため、アイログは主要なBPMソリューション・プロバイダと提携してその顧客にBRMSソリューションを提供しています。 このようなプロバイダの例としてはBEA、FileNet、Fujitsu、IBM、Vitriaを挙げることができます。

以上
アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で2,500社を超える企業や 465 社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリードするアイログのBRMS(ビジネス・ルール管理システム)、最適化、視覚化の各コンポーネントの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログはBRMSの市場リーダーです。アイログは1987年に設立され、全世界に650人以上の社員がいます。アイログ株式会社はその日本法人です。詳細についてはwww.ilog.co.jpをご覧ください。

ILOGは ILOG 社の登録商標です。ILOG JRulesは ILOG 社の登録商標です。他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。