logo

CSR WiMedia アドバイザリボードに選出 ワイヤレス業界のリーダーとしてUWBの普及推進

CSR plc (シーエスアール)は、本日、当社がWiMedia アライアンスのアドバイザリボードメンバーに選出された事を発表。この選出はCSRのWiMedia UWB の共通ラジオプラットフォームに対するサポートと、これまでの著しい貢献が評価されたもの。CSRは、当社の経験を活かしWiMedia Ultra Wideband (UWB) 技術の改革に貢献していく。

Bluetooth SIGは、CSRがWiMedia アライアンスとの協業を発表した1ヵ月後の、2006年3月にBluetoothの高速アプリケーションのためにWiMediaアライアンスのMB-OFDMベースのプラットフォームの採用を正式に発表。CSRは、UWBとBluetoothを統合し、Ultra Wide Bluetoothと名付けた。

CSR セールス & マーケッティング担当シニアVP、Eric Jansonは、「WiMedia UWBの共通ラジオプラットフォームは、最大480Mbpsの超高速データ転送を実現し、次世代のBluetooth仕様のベースとなるものです。WiMediaアライアンスは Bluetoothが乗り越えて来た過去のチャレンジと収めた成功を踏襲し、完全な相互運用性を持たせたUWB技術を標準化する事を目的としています。既に確立されたBluetoothスタンダードとWiMediaのUWB技術を組み合わせる事により、UWB技術はコンスーマー用途をはじめより多くの最終製品により迅速に採用される事でしょう」とコメントしている。   

WiMedia アライアンス プレジデント Stephen R. Woodは、「 Bluetooth製品開発を通じて得たCSRの経験と実績は、WiMedia の専門知識として活かされるでしょう。CSRと協力しBluetoothをWiMediaの共通ラジオプラットフォームに統合して行きます」とコメント。

関連情報
http://www.csr.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。