お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

GRANDITコンソーシアムに、株式会社DACS(ダックス)が加盟

旧大和銀行系の企業の参画により、金融領域における機能・サービスを強化

株式会社DACS/インフォベック株式会社
2006/05/17 15:00

 インフォベック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三浦 進)が運営する「GRANDITコンソーシアム」に、株式会社DACS(本社:大阪府大阪市、取締役社長:前中 潔)が新たに加わった。

 今回の加盟により同コンソーシアムは、次世代のERPとして開発した完全Web型パッケージ「GRANDIT(R)」(グランディット)に、株式会社DACSの技術・ノウハウの提供を受けつつ、これを融合進化させ、より強化された態勢で、販売・導入を加速していく。

 りそな銀行(旧大和銀行)の関連会社として1970年(昭和45年)7月に設立されたDACSは、りそな銀行及び、りそな銀行の顧客を中心に幅広いビジネス領域に関するシステムを提供してきた。今回のDACSの同コンソーシアムへの加入により、DACSは自社の顧客に対し、最新技術により開発されたERPパッケージの提供が可能になると共に、同コンソーシアムにとっては、金融領域におけるパートナーの拡充が実現する。また、これまでコンソーシアムは、首都圏に基盤を持つ企業を中心に構成されていたが、2005年度加入のオージス総研に加え、大阪に本拠を置き、関西圏に強みを持つDACSが加わったことで、関西地域の企業に対するGRANDIT(R)の販売・導入の促進とASP形態でのサービス提供が見込まれる。

 株式会社DACSの加盟により、GRANDITコンソーシアムは、今2007年3月期のコンソーシアム全体の売り上げとして90億円を目標としている。

株式会社DACS 取締役社長 前中 潔氏のコメント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 2006年5月から、当社はインフォベック株式会社が運営する「次世代ERPコンソーシアム」に参加し、GRANDIT(R)の販売を開始することになりました。従来、当社は銀行のお客様に対して個別ニーズに応じたサービスをご提供してまいりましたが、これにより今後は、幅広く中堅企業を中心にERPを販売することで、関西を中心に新しい市場を開拓してまいります。また当社のデータセンターを活用したASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)注1、の形態でのサービス提供も行ってまいります。

● GRANDITコンソーシアムについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 GRANDITコンソーシアムは、顧客視点に立ち、日本企業に最も適し、最新技術基盤を採用した中堅・中小企業向けERPパッケージソフトを開発するために、2003年10月に設立された。現在はITエンジニアリング、インフォコム、ウチダユニコム、NECネクサソリューションズ、オージス総研、オリンパスシステムズ、双日システムズ、日商エレクトロニクス、ミロク情報サービス(以上、50音順)の9社により構成されており、完全Web型ERP「GRANDIT(R)」の販売・導入が進められている。

● 次世代ERP「GRANDIT」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 2004年5月に販売を開始した「GRANDIT(R)」は、コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを集大成した次世代ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールにより構成されている。GRANDIT(R)は、Microsoft .NETを採用した業界初の完全Webプラットフォームにより実装されたERPで、BI(ビジネスインテリジェンス)注2、EDI(電子データ交換)注3、ワークフロー等を標準搭載し、多通貨機能、マルチカンパニー、柔軟な組織変更への対応など、中堅企業向けながら、大企業にも必要とされる機能を豊富に盛り込んだERP製品となっている。

● 株式会社DACSについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 株式会社DACS(ダックス)は、1970年に「りそな銀行」(旧大和銀行)の関係会社(旧社名:大和銀総合システム)として設立されました。その後、2004年3月に株式会社アイネスのグループ企業となりましたが、現在に至る35年間、お客様の信頼にお応えするシステムインテグレータとして、金融関連をはじめ、銀行のお取引先の企業、自治体や大学等、数多くの分野のお客様にサービスをご提供してきております。

 <会社概要>
 ・商 号:株式会社DACS
 ・住 所:大阪府大阪市中央区瓦町1-4-8 瓦町恒和ビル
          電話:06-6203-1401 FAX:06-6233-2410
 ・代表者:前中 潔(まえなか きよし)
 ・設立日:1970年7月23日
 ・資本金:5億円
 ・U R L :リンク
 ・株 主:株式会社アイネス、株式会社りそな銀行

● インフォベック株式会社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 インフォベック株式会社は、GRANDITコンソーシアム事業の推進母体として、2003年10月に設立されました。同コンソーシアムの幹事会社として、GRANDIT(R)のパッケージ著作権、パッケージ工業所有権を持ち、プロダクト開発、保守及び導入支援を行っています。

<会社概要>
 ・商 号:インフォベック株式会社
 ・住 所:東京都千代田区神田駿河台3-11 三井住友海上駿河台別館5階
          電話:03-3518-3910 FAX:03-3518-3920
 ・U R L :リンク
 ・株主 :インフォコム株式会社、ITエンジニアリング株式会社、
      ウチダユニコム株式会社、
      NECネクサソリューションズ株式会社、
      オリンパスシステムズ株式会社、
      株式会社システムインテグレータ

用語解説

 *注1:ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)
   ビジネス用のアプリケーションソフトを、インターネットを通じて顧客に
   レンタルする事業者のこと。ユーザはWebブラウザを使って、ASPの保有す
   るサーバにインストールされたアプリケーションソフトを利用する。

 *注2:BI(ビジネスインテリジェンス)
   ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)とは、企業に蓄積
   されたデータを活用し、経営に寄与する意思決定の支援を行う、データの
   収集・分類・分析・アクセス方法などを提供するソフトウェア。

 *注3:EDI(電子データ交換)
   EDI(Electronic Data Interchange)は、企業間における様々な商取引の
   データを、電子データの形式でお互いに交換するための技術。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。