logo

アイログ、対仏投資庁より日仏投資賞を受賞

~日本市場における、最先端の技術を活かしたソフトウェア提供の功績が認められる~

ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ株式会社 (所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:ブンタラ・イング 以下 アイログ)は本日、対仏投資庁(アジア代表部:東京都新宿区、代表:ジャック・マルヴァル、以下AFII)より、日仏間の直接投資によって経済発展に貢献した企業に対して授与される「日仏投資賞」を受賞したと発表しました。AFIIは、日本企業のフランス進出に関する様々な活動・情報支援を行っているフランスの投資機関です。

日仏投資賞は、各分野より在仏日本企業および在日フランス企業各3社の計6社を選出し、現地における貢献を表彰するもので、今年で第2回を迎えます。アイログは1987年のパリ本社設立以来、最先端技術を活かしたソフトウェアを提供しています。1997年9月には日本法人を創設し、日本市場における企業のニーズを的確に捉えることで、俊敏性(環境変化への機敏な対応能力)やROI(投資対効果)向上を支援してきました。現在、国内の製造、保険・金融、通信、運輸をはじめとする各種業界、大学や官公庁と幅広い分野において多くの顧客を有し、そのビジネスや業務を支援しています。今回、こうした日本市場への功績とその基盤となる技術力とが認められ、技術部門の投資賞を授与されました。

アイログの他に日本への投資で受賞したフランス企業は、サンゴバン株式会社(産業分野)、ルノー(特別賞)です。本日行われた授賞式では、小泉純一郎首相からの手紙の代読、日仏クラブ日本側議長である福原 義春 資生堂名誉会長によるスピーチが行われ、その後、賞状と記念品が贈呈されました。

アイログは、以下の3つの製品群を有しています。

1) BRMS*(ビジネス・ルール管理システム):企業の業務プロセス改善を支援
BRMSは業務におけるルール(ビジネス・ポリシー)*の修正、管理を容易にします。
*見積もり処理を例に取ると、一連の見積もり処理のプロセスには「利益率は5%以上とする」、「100万円以上の場合には課長決済とする」、などのルール(ビジネス・ポリシー)があります。

2) 最適化製品:独自のシミュレーション技術を駆使し業務の最適化を支援
ビジネス上の変更により発生する影響を事前にシミュレーションし、業務の最適化を支援します。たとえば、組立工場において週末に業務をしたらどうなるかなどのリソース配分のシミュレーションならびに最適化を図る際などに使用されています。

3) 視覚化製品:エンタープライズ・レベルの視覚化ツールキット
包括的かつインタラクティブなGUI(表示グラフィック)を開発するための視覚化ツールキットです。異常値が一目でわかるなど、ビジネス情報の監視・管理を支援しています。

アイログの主な国内顧客
新日本製鐵、トヨタ自動車、JFEシステムズ、三菱重工業、川崎重工業、石川島播磨重工業、三菱マテリアル、NTTグループ、日本航空、富士通、日立製作所、三菱電機、東芝、ソニー銀行、沖電気、日本ユニシス、東洋ビジネスエンジニアリング、JR東日本情報システム、野村総合研究所、防衛庁(敬省略)他

対仏投資庁(略称:AFII)
フランスへの国際投資誘致、進出企業向け支援を担当するフランスの機関。フランスの魅力(対外誘致力)とイメージを高める活動の推進も担当している。対仏投資庁は世界各国におかれた在外事務所とフランス全国の地方パートナー機関を結ぶネットワークにより機能している。パリ本部および北米、欧州、アジア各国の事務所では各分野の専門家が活動。フランス国内各地方の経済開発機関との緊密な連携により、進出投資企業への最良のビジネス機会とそれぞれのニーズに応じたサービスの提供を行う。詳細情報はウェブサイトをご参照ください。
www.thenewfrance.com (イメージキャンペーン ホームページ)
www.investinfrance.org (AFIIホームページ)

以上

アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で2,500社を超える企業や 465 社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリードするアイログのBRMS(ビジネス・ルール管理システム)、最適化、視覚化の各コンポーネントの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログはBRMSの市場リーダーです。アイログは1987年に設立され、全世界に650人以上の社員がいます。アイログ株式会社はその日本法人です。詳細についてはwww.ilog.co.jpをご覧ください。

ILOGは ILOG 社の登録商標です。他の全ての社名および商品名はそれぞれを所有する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事