logo

ECサイト構築支援の韓国VBが日本進出

韓国の電子商取引(EC)サイト構築サービス最大手のコリアセンタードットコムは日本法人を設立、ECサイトの構築支援・管理サービスを始めた。

月額使用料が5000円からと低価格のサービスをソフトの期間貸し(ASP)方式で提供する。同社は韓国で約5万件のECサイト構築・管理の実績があり、日本でも中小小売店・メーカーを中心に需要を開拓する。
 日本法人はメイクショップ(東京・千代田、向畑憲良社長)で、社員は当初4人。顧客企業向けに、掲載商品点数が無制限でクレジットカードなどの決済、受発注管理、会員管理などの機能を備えたECサイトのひな型を提供、構築を支援する。

サイトのデザインは既成のもののほか独自デザインもできるようにしており、利用企業はウェブ経由で作成や変更が可能。パソコンに不慣れな人でも2~3時間程度で作業できるような簡単な仕組みで、掲載商品の更新のほか購入者へのアンケートやオークション、懸賞、イベントなども手軽に実施できる。

コリアセンターは2000年設立。03年の売上高は約8億円で、同年に韓国政府からEC部門で「ベンチャー大賞」を受賞するなど評価を集めている。低価格でサイト構築を支援し、売上手数料を取らない料金体系で日本市場を開拓、05年度には3000店舗の登録と年間売上高1億2千万円を目指す。

11/8,日経産業新聞

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事