logo

第2四半期業績を発表

記録的な売り上げ増と、2006年への見通しを発表

CSR (シーエスアール)は、本日、2006年度第2四半期(2006年6月30日締め)について監査前の財務結果を発表。

CSRは、本発表にて、第2四半期と上半期の売上高と営業利益の大きな増加を報告。CSRは、2006年度上半期において、Bluetoothチップ出荷数量が継続的に増加し、同半期の出荷数量は1億個を記録。2006年度の出荷数量の予測として、60~70%増を見込む。

2006年度第2四半期決算ハイライト:
売上高:1億8,240万ドル(2005年度同期比:92%増)
営業利益:4,190万ドル(2005年度同期比: 122%増)

2006年度上半期(2006年1月1日~6月30日)決算ハイライト:
売上高:3億1,730万ドル(2005年度同期比:97%増)
営業利益:6,620万ドル (2005年度同期比: 127%増)

2006年度上半期デザインウィン概況:
- CSRの製品を採用した製品のデザインウィン件数は、累計で1,500件を達成
- Bluetooth市場で60%以上のデザインウィンマーケットシェアを維持
- 業界最先端のBlueCoreテクノロジーは、全てのアプリケーションセグメントで154件のデザイン ウィン件数を達成

アプリケーション セグメント毎のデザインウィンの概況:
- 携帯電話分野では、2006年度上半期にSamsungから20件、Nokiaから10件、LGから5件、Motorolaから2件のデザインウィンを獲得。今後Bluetoothがよりローエンドの携帯電話機にも採用されることが確実であると予測
- Bluetoothヘッドセット市場では、業界リーダーの地位を維持し、モノラルヘッドセット製品の90%、高速EDRヘッドセットのデザインの全て(100%)、およびSamsungやNokiaを含むステレオヘッドセット製品の75%に当社の製品が採用
- 車載市場において、CSR製品はDaewoo、Sony、Southwing向けのハンズフリー製品や、Thales and Harman Internationalとの共同によるGPSのデザインなどを含む、全ての車載向けデザインの77%に採用

2006年度第2四半期従業員採用活動概要
人的投資を継続し、当社の従業員数は2006年度第1四半期の719名から、2006年度第2四半期末には810名に増員。



CSR plc 最高経営責任者 ジョン・スキャリスブリック(John Scarisbrick)は、「CSRは、2006年度上半期の売上高、利益、キャッシュフローにおいて、記録的な成果をあげました。この結果は、Bluetooth市場の拡大、CSRの確固とした業界での地位、そして当社が利益を確保する能力を示すものです。CSRは、当社がこれまでに出荷した全Bluetoothチップ出荷数量の約1/3となる1億個を超える数量を、2006年の上半期において達成することができ、大変満足しています。当社は、今後もBluetooth市場に大きな可能性を予測しています。Bluetooth市場全体の製品出荷数量は、2005年の3億1,700万個から、2006年には5億~5億5000万個に拡大すると予測されます。この急速な成長は、携帯電話市場の主要アプリケーションセグメントにおける搭載率の拡大によるもので、CSRはこの分野において確固たるマーケットシェアを維持しています。また同時に、弊社のBluetooth製品は携帯電話以外のアプリケーションセグメントへの搭載も、加速されるでしょう」とコメント

CSRについて
CSR plcはBluetooth テクノロジーの世界的なリーディング プロバイダであり、さらにWi-Fi (IEEE802.11) 等のシングルチップ無線通信規格の専門技術を開発しています。CSRは、Bluetooth規格に準拠した、2.4GHz高周波回路、ベースバンド及びマイクロコントローラを集積したBlueCore ハードウェア/ソフトウェア ソリューションを提供しています。

現在、CSRは第5世代のBlueCore製品を発表し、またすでに第4世代のBlueCore製品を量産出荷しています。BlueCore4は、2004年末に承認されたEDR (Enhanced Data Rate)規格をフルサポートしています。CSRは、携帯電話と家電市場に特化した初のシングルチップIEEE802.11a/b/g組み込みソリューションであるUniFiを発表しました。

BlueCoreは、Bluetoothデバイス全出荷数量で50%以上、またBluetoothのウェブサイトに掲載されているBluetooth SIGの全認証最終製品及びモジュールの60%以上に採用されています。Apple, Dell, IBM, Motorola, NEC、 Nokia、パナソニック、RIM、シャープ、ソニー、東芝等の国際的な企業がそれぞれのBluetooth搭載最終製品にBlueCoreを採用しています。

CSR は、ケンブリッジ(英国)に本社ならびに営業所があり、テキサス州リチャードソン及びデトロイト(米国)、東京(日本)、ソウル(韓国)、台北(台湾)、シンセン(中国)、バンガロール(インド)、ソフィアアンティポリス(フランス)、オルボー(デンマーク)、ルンド(スウェーデン)に営業所があります。

* CSRの財務報告は、リンクでご覧になれます。
* PDFドキュメントは、次の場所からダウンロードできます。
リンク
* 本文に記載されたすべてのブランド名とその商品名はそれぞれ帰属者の登録商標または商標です。

関連情報
http://www.csr.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事