logo

MP3プレイヤ、LCDテレビ、DVDレコーダは消費者向け製品市場の成長を導く

2003年から2009年までの間に、携帯型デジタルオーディオプレイヤ、LCDテレビ、DVDレコーダの3つの家電製品が急速に成長する

2003年から2009年までの間に急速に成長する3つの家電製品は、年平均成長率(CAGR)57.0%の携帯型デジタルオーディオプレイヤ、52.3%のLCDテレビ、51.4%のDVDレコーダであると米国調査会社インスタット社は予測する。同じ期間に、2つの製品は下落するだろう。アナログテレビはデジタルテレビへの移行によってCAGR-15.3%で衰退し、ファックス機は複合機の普及によって13.9%減退すると予測される。

インスタット社の調査レポートは下記についても述べている。

◆2009年までに、より多機能なPCが2億8200万台市場に成長するだろう

◆家電カテゴリにおける世界の半導体販売は、2010年に456億ドルに達するだろう

◆OEMは、東洋および西洋市場、新興市場、成長市場に大きなビジネスチャンスがある

インスタット社の調査レポート「家電市場調査 2005年版 :全ては消費者次第」は、コンピュータ製品、通信製品、ホームメディア製品、高級品などの消費者向け家電製品をカバーする。2009年までの販売予測を北米、欧州、日本、アジア太平洋、その他の地域別に提供する。


◆調査レポート
家電市場調査 2005年版 :全ては消費者次第
It's All in the Eye of the Consumer: 2005 Consumer Electronics Roll-up
リンク

◆インスタットについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事