logo

CATV、DBS、IPTVプラットフォームにおける限定受信とDRM

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
2月出版予定です。

限定受信とデジタル著作権管理(DRM)市場は、CATV、DBS、IPTVなどのサービスプロバイダプラットフォームに影響を及ぼしている。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「CATV、DBS、IPTVプラットフォームにおける限定受信とDRM:ダウンロード可能なCAS、OCAP、SVP(Secure Video Processor)、DRMの影響」は、ダウンロード可能なCASとDRMの出現と、主要ベンダやサプライヤがこれらの新技術を利用するうえでのポジショニングについて論考している。またOCAP(OpenCable Application Platform)、2ウェイ対応DCR(Digital Cable Ready)デバイス(IDCR TVと家電製品)、ソフトウェアベースのDRMについての論考、詳細な予測、市場動向分析を提供している。市場区分のデータ、地域毎の分析と最新動向、ニュース、ベンダの提携の発表も併記している。また5年間にわたる予測データは、長期計画を実行し、既存企業と新規市場参入者が成長しつつある同市場のエコシステムを理解するために役立つものである。調査レポートは利用しやすいように、文章はPDF、予測データはエクセルファイルで提供している。


◆調査レポート
CATV、DBS、IPTVプラットフォームにおける限定受信とDRM:ダウンロード可能なCAS、OCAP、SVP、DRMの影響
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。