logo

韓国の通信市場予測レポートがROA Groupより出版

韓国の通信市場を調査・分析した「2006年韓国通信市場の予測 - 10大トピック分析を中心に」(ROA Group出版)をデータリソースが販売開始致します。

韓国、中国、そして日本に拠点を置き、世界の移動体市場を調査するロアグループ社が、2006年の韓国通信市場に影響を与える10のトピックをピックアップし、分析・予測した「2006年韓国通信市場の予測 - 10大トピック分析を中心に」レポート出版を発表しました。

レポートガイドライン
韓国は世界でも最も有無線サービスの結合・統合が進んでいる国のひとつである。最近、移動体通信キャリアの無線ポータル初期メニューに有線ポータル事業者の独立ポータルサービスメニューを配置出来るようになった。また有線インターネットの競争力あるコンテンツが移動体通信キャリアの無線ポータル内に急速に流入する可能性が高まり、無線インターネット網の開放レベルも高まっている。衛星地上波DMBを考慮した場合、放送事業者(MSO事業者含む)の無線市場参入及び統合サービス(CDMAネットワークをバックアップチャネルに活用する)も、最も活発に進んでいる国である。

韓国の通信(コンバージェンス)市場は、有無線の統合や通信・放送の融合により、これまでに無かった新しいコンバージェンス・インフラ・ストラクチャーによって主導されると予測される。

2006年の韓国の通信(コンバージェンス)市場を分析し予測を行なうために、コンバージェンスに対するいくつかの点を理解する必要がある。

ロアグループ社が韓国通信(コンバージェンス)市場をとらえるためにピックアップした10のトピックは下記の通りです。
1. デジタルマルチメディア放送 (DMB)
2. ワイヤレスブロードバンド (WiBro)
3. W-CDMA / HSDPA
4. インターネットプロトコルテレビ (IP-TV)
5. インターネット電話 (VoIP)
6. ユーザーイオンターフェース (UI)
7. シンプルフォン
8. 超低価格端末の登場と価格の二極化
9. MSO (Multiple System Operator)
10. 無線インターネット網開放による有線ポータル事業者の市場参入

「2006年韓国通信市場の予測 - 10大トピック分析を中心に」レポートは、ロアグループ社がピックアップした10トピックについて、広範囲かつ詳細に調査・分析した結果が掲載されています。


◆調査レポート
2006年韓国通信市場の予測
10大トピック分析を中心に
リンク

◆ロアグループ社について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事