logo

DSLの転機にあたり、減少するDSL IC収益

2004年に約16億USドルだったDSL用ICの総収益は、2009年までには8億8000万USドルにまで下落すると米国調査会社インスタット社では予測している。

ブロードバンドが、データだけのサービスからトリプルプレイに移行するに当って、DSL市場は流動的になっている。DSL ICの総収益は、2004年の約16億USドルから2009年までに8億8000万USドルにまで下落するだろうと米国調査会社インスタット社は報告する。1つのストリームに音声、動画、データを統合することによって、今後DSL IC産業に影響を与える多くの変化が生じるとインスタット社は述べている。

「DSLにとって最も大きな課題が、何時どこでどのような機能が必要とされているかを予測することであるのは明白である。そして、高速接続が進捗する中で、ブロードバンド需要がどこまで続くかは誰にもわからない」とインスタット社のアナリストNorm Bogen氏は述べる。

インスタット社の調査レポートは下記についても述べている。

◆ 市場がADSL2+とVDSL2に移行し始めるにつれて、DSLの総出荷ポート数は2006年にはわずかに下落しながらも、予測期間中は安定しているだろう

◆ ADSL2+は既存のADSLの全製品と互換性があり、ADSL2+チップが現在のDSL出荷の大部分である

◆ VDSLへの移行が進んでおり、2004年の出荷実績3.9%から2009年には29.6%まで成長するだろう

インスタット社の調査レポート「DSL用物理層IC調査 :トリプルプレイサービスを完成する - DSL ICs: Perfecting the Triple Play」は、世界のDSL IC市場をカバーする。2009年までの技術タイプ毎のDSLチップのポート数と収益予測、2005年の第3四半期までの技術タイプ毎の市場シェア、市場トレンドの分析と主要ベンダのプロフィールを掲載している。


◆調査レポート
DSL用物理層IC調査 :トリプルプレイサービスを完成する
DSL ICs: Perfecting the Triple Play
リンク

◆インスタットについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事